おやつに食べたい、倉敷の銘菓「むらすずめ」

もはや定番すぎて、「るるぶ」や「まっぷる」でも扱いは小さいのだが、美観地区をひとたび歩けば、その存在感には驚かされる。倉敷の「むらすずめ」は、まるで京都の「八ツ橋」みたいな存在だ。

「むらすずめ」というのは、カステラのような生地をクレープ状に焼いて、粒あんを包んだ和菓子のこと。

しかし、見た目と大きさが餃子に近いせいか、あまり和菓子らしさを感じない(笑)。だが、ボリュームがあるので「おやつ」にするには上出来だ。ゆえにお土産にするよりも、まずは自分たち用にバラ買いするか、店で食べてみるほうがいいと思う。

驚いたことに… むらすゞめ(むらすずめ)は、この橘香堂(きっこうどう)の登録商標らしい。だが、実態は様々なメーカーが類似というより、そっくりそのまま同名の商品を販売している。

おおらかなのか、元祖だけに自社商品に絶対なる自信があるのか… そのあたりは定かでないが、いずれにしても、そうなると逆に「本物」が欲しくなってくるから不思議なものだ(笑)。

【倉敷Contents】

■倉敷観光の正門

■5分でわかる、倉敷の歴史

■倉敷の見どころ

■倉敷のグルメ

■倉敷の駐車場&車中泊事情

■倉敷の車中泊スポット一覧

■倉敷全記事リスト

スポンサードリンク