「三保の松原」撮影パーフェクトガイド 2018年2月更新

三保の松原(みほのまつばら)は、静岡市清水区の三保半島にある。

駿河湾と松原の向こうに雄大な富士山を望むその美しさは、古くは万葉集、また江戸時代には浮世絵などにも登場し、今はユネスコの世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産であることはもとより、日本新三景(三保の松原<静岡県>・耶馬渓<大分県>・大沼公園<北海道>)とも呼ばれている。

その「三保の松原」まで、はるばる松原だけを撮りに来る人はいまい(笑)。青い空と穏かな海、長く伸びる緑の松原、そして雪をたっぷりかぶった富士山を、まるで絵葉書のように美しくレイアウトして写真に撮りたい! 

この記事はそんな貴方のために書いている。

日本平

まずはロケーションを知ることから始めよう。

この写真は、三保の松原からクルマで15分ほどのところにある日本平から撮ったものだが、ひとつ上の写真は「三保の松原」の外海側から、富士山を入れて撮っている。

つまり入り江のように湾曲した場所からでなければ、海・松原・富士山の構図は作れない。このことを最初に頭に置いておくといい。

三保の松原駐車場

三保の松原は、カーナビで検索すれば、おそらく「神の道」の終点にある無料第一駐車場に案内してくれる。ただ現在は第一駐車場はバイクと観光バス用に使われており、マイカーはその手前の無料第二駐車場に誘導される。

カーナビがなければ、御穂神社(054-334-0828)を目指し、前の道を右折して「神の道」の側道を直進すれば到着する。側道は一方通行なので、通れる方の道をよく確認しよう。

道から

なお富士山が見える日は、国道150号から県道199号に入り、三保の松原方面に進めば正面にその姿が拝める。ここで「貴方のその日の運」がはっきりわかる(笑)。そう、ここで富士山が見えなければ行くだけ無駄だ。

次郎長

見えない日は、フェリーターミナルの近くにある清水次郎長生家にでも足を運ぼう。見学は無料で、なかなか面白い。

三保の松原

さて、ここからが本番だ。
写真の石段をのぼり、期待に胸を膨らませて三保の松原の海岸線まで来てみると、なんとそこからは松原が邪魔で、富士山の姿はほとんど見えない(笑)。

三保の松原

何も調べずに来てしまうと、ポスターで見ているのは別の場所かと勘違いする人もあるだろう。だがここで冒頭の注意事項を思い出していただきたい。

入り江のように湾曲した場所からでなければ、海・松原・富士山の構図は作れない。

三保の松原

ただほとんどの人は、富士山に近づこうと矢印の反対側に進んでいく。

テトラ

どんどん進んで海岸が曲がるところまで行けば、確かにこういう写真は撮れる。だが、どうしてもテトラが写真に写りこみ、下のポスターと同じ画角にはならない。つまり、ここはベストポイントではないはずだ。

ポスター

実はこのポスターの撮影ポイントは、先ほどの写真に加筆した羽車神社の角を矢印方向に進んだ果てにある。

撮影ポイント

その先にある先端のテトラから撮った写真が下。

三保の松原

これが「普通」だろう(笑)。ここで望遠レンズを使えば、でっかい富士山はだれでも撮れる。

しかし、筆者がいかにも三保の松原らしいと思うのは、最大限に松原を引き込んだ下の構図だ。

三保の松原

広角レンズを使うからこそ、波・松林・富士山が揃ったスケールの大きな構図が撮れる。テトラがないに越したことはないが、砂の流出を抑えるためには致し方のないものらしい。

伊豆半島

なお、三保の松原から富士山絡みの朝日は撮れない。朝日は伊豆半島から登るため、構図に収まりきれないのだ。とはいえ、朝はいろいろな光景が見られる「一期一会」のひとときで、それを楽しむのは悪くない。

釣り

さて。三保の松原の撮影にお勧めの時期は、富士山がくっきり見えて凍結の可能性が下がる2月下旬。山中湖ではダイヤモンド富士ウィークスを迎え、伊豆半島の河津桜が満開を迎える頃だ。撮影時間は、朝夕よりも空に青みがかかる午前中がいい。

車中泊

三保の松原の車中泊事情(2018年2月最新版)は、こちらにまとめている。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする