「河津桜まつり」のお勧め散策ルート

ここで紹介するのは、「おまつり」の賑わいよりも、河津でしか見られない桜の景色や名所を見て廻ることを優先したい人向けの散策ルートなので、「万人」に合うかどうかはわからない。それを承知の上でご覧願いたい。

まずクルマは河津町役場に近い駐車場に停める。料金は1日700円。

次に、その足で飯田家にある❶河津桜の原木を訪ねよう。これが「最初の河津桜」と呼ばれている木だ。

今度は原木から引き返し、❷豊泉橋(ほうせんばし)の上から桜並木を眺める。河津ではここが一番の撮影スポットだと思うが、この日はまだ菜の花が咲いておらず、ちょっと残念。

❸桜のトンネル。人が多い時は少し待つといい。

桜並木から少し外れたところにある❹峰温泉大噴湯公園。9時から16時までの各時30分に約1分間の噴湯が行われ、温泉は地上約30メートルの高さまで吹き上がる。

河津のお勧めスポット。峰温泉大噴湯公園

その後は川沿いに戻って進み、「かわづいでゆ橋」を渡ってクルマに戻る。所要時間は、噴湯の待ち時間を入れても2時間程度だろう。

午後から行く場合は温泉バックを持って歩き、日帰り温泉施設「踊り子温泉会館」でひと風呂浴びてもいいと思う。料金は1000円だが、伊豆はどこでもそのくらいはする。ここはのんびり休憩できるので、時間に余裕がある人にはお勧めだ。

踊り子温泉会館の詳細ページ

また物足りなさを感じたら、マップにグリーンで線引している「屋台ゾーン」に出向こう。ここには様々な店があるが、筆者が立ち寄ったのはここ。

焼きたてのさくら満開餅(1個180円)はボリューム満点で甘かった~!(笑)。

河津桜まつり Contents

<概要>車中泊で攻略する「河津桜まつり」

河津桜まつりの駐車場と、その車中泊事情

河津桜まつりのお勧め散策ルート

河津のお勧めスポット。峰温泉大噴湯公園

伊豆半島・河津の「隠れ名湯」 湯ヶ野温泉・福田家

河津桜まつりと合わせて訪ねたい町、「伊豆稲取」の見どころ

伊豆の金目鯛。美味い理由と、旅での美味しい食べ方

周辺の車中泊スポット紹介

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする