河津のお勧めスポット。峰温泉大噴湯公園

河津桜まつりが始まると、ここが「温泉地」であることを忘れてしまいそうになるのだが(笑)、会場のすぐ近くにも峰温泉という温泉地がある。

現在の峰温泉は7軒の宿からなる小さな温泉地だが、その歴史は古く、奈良時代の宝亀10年(西暦779年)には霊泉が湧き出し、菖蒲やカキツバタなどが咲くことから「花田の湯」と称され、多くの僧や武士が浴したと伝えられている。

その後は長きに渡って荒廃するが、この地に住む稲葉時太郎が、伝説と化した「花田の湯」の復興を目指して新たな泉源の採掘に打ち込む。そして大正15年11月、火山の噴火のような轟音とともに、この「大噴湯」が誕生した。 噴き出した熱泉は、実に50メートルの高さにまで届いたとされる。

現在は周りへの影響を考慮し、噴き上げの時間も量も絞っているが、その勢いは未だ衰えることはなく、噴き上げ口を絞らないかぎり、いつでも100℃の温泉が地上約30メートルに達し続けるというから驚きだ。

大噴湯の脇では温泉でゆで卵が作れる。ちなみにここの温泉で茹でても、温度が高すぎて「温泉卵」にはならない。

ユニークなのは、冒頭の写真のカップルが腰掛けているベンチ。座面は温泉による暖房が施されている。殆どの人はそのことを知らないので、空いていればぜひお試しあれ(笑)。

峰温泉大噴湯公園
入場無料。駐車場は13台(うち3台は障害者専用)で無料。
定期的に豪快な噴湯が行われる。

噴き上げ時間
9:30 10:30 11:30 12:30 13:30 14:30 15:30
1日計7回。1回の噴き上げは1分間ほど。

毎週火曜日・金曜日メンテナンス休業。但し、桜まつり期間中は源泉掃除終了後(概ね12:30以降)噴き上げを行う。

さて。峰温泉大噴湯公園の源泉を引いている日帰り温泉施設が、この踊り子温泉会館だ。この辺りが川端康成の名作「伊豆の踊り子」の舞台となったことからそう名付けられ、正面玄関の上には踊り子を描いたステンドグラスが飾られている。

温泉は男性用が岩風呂、女性用が伊豆石の落ち着いた造りになっており、施設には、お風呂の他に軽食コーナーやリフレッシュルームなどがある。

河津川堤の桜並木に面し、峰温泉大噴湯公園からは徒歩でも5分ほど。歩き疲れや人ごみに酔って疲れた際には、ここで一服するのも悪くない。ただ26日の「風呂の日」も割引サービスはなかった(笑)。

踊り子温泉会館
所在地:静岡県賀茂郡河津町峰457-1
電話番号:0558-32-2626
期間:通年
休み:火曜(祝日の場合は木曜休)
時間:10:00~21:00
駐車場:駐車場あり(無料)
料金:大人1000円、小人500円(時間内、施設からの出入りは自由)

ちなみに川端康成が滞在したのは、ここからクルマで10分ほどの湯ヶ野温泉。温泉好きにはたまらないほど鄙びた宿が今なお残る。

伊豆半島・河津の「隠れ名湯」 湯ヶ野温泉・福田家

河津桜まつり Contents

<概要>車中泊で攻略する「河津桜まつり」

河津桜まつりの駐車場と、その車中泊事情

河津桜まつりのお勧め散策ルート

河津のお勧めスポット。峰温泉大噴湯公園

伊豆半島・河津の「隠れ名湯」 湯ヶ野温泉・福田家

河津桜まつりと合わせて訪ねたい町、「伊豆稲取」の見どころ

伊豆の金目鯛。美味い理由と、旅での美味しい食べ方

周辺の車中泊スポット紹介

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする