伊豆稲取の「雛のつるし飾りまつり」 歴史とアクセスガイド

稲取温泉で毎年1月下旬~3月末に開催される「雛のつるし飾りまつり」は、「河津桜まつり」と肩を並べる伊豆半島の名物イベント。期間中は、「いち早く春を感じたい人たち」が全国各地からやってくる。

メイン会場の「文化公園 雛の館」には、ご覧のような圧倒される数の「つるし雛」が様々なかたちで展示されており、退場者のため息を誘う。その数は約100対(約11,000個)。無粋な男の筆者ですら感動するのだから、女性は「言わずもがな」だろう。

もともと「雛のつるし飾り」は、娘の健やかな成長や良縁を願い、雛まつりに母親や祖母が、「つるし飾り」を手作りして飾るという江戸時代からの風習であった。

「花」「桃」「うさぎ」「きんちゃく」「とうがらし」など、人形の一つひとつに意味があり、その数は30種類以上あるという。例えば「桃」は、厄払いや多産、長寿延命。「とうがらし」は娘に悪い虫(悪い男性)が付かないようにとの願いらしい(笑)。

一度は廃れかけたそうだが、「雛の会」の努力と地元の人々の協力によって復活。1998年以降、毎年「雛のつるし飾りまつり」を開催してきたというから、今年で20年を迎えることになる。

この祭りについては、既に多くのウェブサイトで、女性や母親の目線から紹介されているので、あえて筆者が多くを語る必要はあるまい。

雛のつるし飾りまつり オフィシャルサイト

かわりに、マイカーアクセスについて詳しく触れておこう。

メイン会場の文化公園の駐車場は、祭りの期間中イベントスペースとして使用されるため、まず駐車できないと思ったほうがいい。

使えるのはわずか3台分のスペースだけ。

代わりに前の坂を下った海岸前に、この臨時無料駐車場が用意されている。トイレがないので車中泊はできないが、ここでする必要性もないだろう。

稲取文化公園 雛の館

静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1729
☎0557-95-2901(稲取温泉旅館協同組合)

※稲取温泉旅館協同組合と、文化公園「雛の館」は近所だが場所は違う。確実に到着するには住所でナビを設定しよう。

[開館期間]2017年1月20日~3月31日
[開館時間]9:00~17:00(最終受付16:30)※雛の足湯は10:00~21:00
[入場料]小学生以上300円(税込)

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

スポンサードリンク