河原町周辺観光のランチにお勧め。錦市場にある「京・錦 おばん菜ビュッフェ ひなたや」

おばんざいは、昔から京都の一般家庭で作られてきた惣菜のことで、漢字では自家製の「番茶」と同じ意味から「お番菜」と書く。

最近は京都の食文化を表す言葉として広まり、「京ごはん」のような表現を用いた食事処も増えているし、木屋町や先斗町でも「おばんざい」をメニューに加えた居酒屋が目立つ。確かに、中には「だし巻き卵」のようにビールとよく合うものもあるのだが、筆者にはどちらかといえば「ご飯のおかず」というイメージのほうが強い。

こで、ランチバイキングで「おばんざい」をお腹いっぱい食べられる店を紹介しよう。

「京・錦 おばん菜ビュッフェ ひなたや」があるのは「錦市場」の中。ここには京野菜や鮮魚などの生鮮食材から、お茶・漬物・揚げ物などの加工品まで、京都独特の食材が集結しており、外国人観光客にも人気がある。

中には名物のハモをテイクアウトできる店もあるのだが、ここで食べてしまうとバイキングなのでもったいない(笑)。

錦市場のもっと詳しいガイドはこちら

「ひなたや」は錦市場に面したビルの2Fに入口がある。もちろん休日はこの階段にズラリと人が並ぶので、行くなら開店前が望ましい。

「野菜ソムリエ監修の店」ということで、料理には野菜がふんだんに使われており、どれも総じてヘルシー。ゆえに女性客の姿が目立つ。ご覧のようなインスタ映えするランチプレートで食べられるというのも、人気のひとつなのかもしれない。

料理は35品目。彼女の背中側には6種類以上のデザートが並ぶ。

デザートでとりわけ美味しく感じられたのが、このプリン。普段はデザートなどほとんど食べない筆者も、昔ながらの味わいに、思わず「おかわり」(笑)。

料金はランチタイム、ディナー共に60分食べ放題で1,800円(税別)。冷静に考えると、がっつり食べられない人には割高かもしれないが、たくさんの種類の「おばんざい」を一度に食べられるというのは魅力だろう。

京・錦 おばん菜ビュッフェ ひなたや
営業時間11:00~16:00(LO15:00) 17:00~22:00(LO21:00)
TEL 075-286-7824(17時以降の来店のみご予約可)

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

なお、河原町周辺にはコインパーキングがないので、クルマは三条京阪駅裏にあるキョウテク京阪三条駅パーキングに停め、そこから歩いていくといい。京都でいちばん愚かなことは、駐車場探しでマゴマゴしてしまうことだ。

【京都】Contents

車中泊旅行者がいちばん知りたいのは、 京都市内をクルマを持て余さずに観光する方法

京都を愉快に旅する秘訣

世界文化遺産「古都京都の文化財」

車中泊で楽しめる「京都のお花見スポット」5 選まとめ

京都市内の見どころ一覧

京都の名店と名物グルメ 一覧

京都市内の観光事情とお勧めの車中泊スポット7選

スポンサードリンク