京都・嵐山の「無料絶景スポット」をご紹介

京都の中でも、東山と人気をニ分する「西の横綱」が嵐山。
地名としては桂川の川下に向かって右岸(西京区)を指しており、左岸は右京区嵯峨になるのだが、観光上は嵯峨地区を含めた渡月橋周辺全域を、まとめて嵐山と呼ぶことが多い。

ただ、ここでは情報が多くなりすぎるので、嵯峨野と分けて紹介しよう。

渡月橋<無料>

嵐山の景観に欠かすことのできない存在が渡月橋(とげつきょう)だ。この橋は生活道路の一部なので、岩国にある「錦帯橋」のような通行料はかからない。

大堰川(おおいがわ)にかかる全長154メートルのこの橋は、承和年間(834~847)に、弘法大師の弟子で法輪寺を興した道昌によって架けられた。当時はもう少し上流にあって法輪寺橋と呼ばれていたそうだが、約440年後に亀山上皇が、その橋の姿を「くまなき月の渡るに似たり」と讃えたことから、「渡月橋」と改められた。ゆえにその真の美しさは、月夜に見ないと味わえない(笑)。

現在の渡月橋は昭和9年に改築されたもの。欄干にコンクリートを使用しているため風情には欠けるが、おかげで2013年9月の台風18号で桂川が増水し、周囲が水害に遭った時も流されずに済んでいる。

そんな渡月橋がもっとも絵になるのは桜の季節。少し離れた臨川寺地区から見るほうが、欄干が目立たず風流だ。

嵐山公園<無料>

淀川に合流している桂川は、丹波山地に源を発し、亀岡では保津川、嵐山では大堰川(おおいがわ)の名前で親しまれている。
嵐山公園はその大堰川の両岸に位置し、亀山、中ノ島、臨川寺の三地区から構成される。

中之島地区

三角州である中ノ島の下流側は、イベントが行われる広い広場で、桜と紅葉シーズンの週末には屋台が並ぶ。

いっぽう、眺めがいいのは上流側だ。お弁当を広げるならここらがいい。

亀山地区

筆者イチオシのビュースポットは、亀山地区にある小倉山展望所だ。

デッキからは保津川下りの舟やトロッコ列車の姿が見られるが、展望所の場所がわかりにくいのと、メインストリートから離れたところにあるせいか、いつも驚くほど空いている。

行き方はいたって簡単。桂川の上流に向かって右岸を、レンタルボートの受付を通り過ぎるまで直進する。

さらに進むと「亀山公園 亀山地区」と記された、大きな石碑が立つ小倉山の登り口にぶつかる。あとは「展望所」の案内に沿って石段を進んでいくだけだ。

途中には、小倉百人一首に収録されている和歌を刻んだ石碑が幾つも置かれた広場がある。休憩がてらに知っている和歌を探してみるのも面白い。ここもお弁当を広げるのに適した場所だ。

小野小町は、楊貴妃、クレオパトラとともに「世界三大美女」に数えられる平安時代の女流歌人。というのは日本だけの話らしい(笑)。

帰りは嵯峨野を目指して坂をくだると、大河内山荘の前に出る。そこから野宮神社に向かえば竹林の道はすぐそこだ。

なお、嵐山高雄パークウエイの途中にある「小倉山展望台」は別の場所なので間違えないように。「小倉山展望所」には徒歩でしか行くことはできない。

トロッコ列車と、保津川下り<有料>

嵐山の中でも特に人気の高いエリアが、美しい渓谷美を持つ保津峡だ。下流は亀山公園(嵐山公園の一部)からも見えるが、本格的な景観を楽しむには、トロッコ列車か舟に乗る必要がある。

その保津峡は亀岡-嵐山間にあり、直線的に通るトロッコ列車だと約7.3キロ、蛇行する保津川を下れば約16キロにも及ぶ。桜や紅葉に染まる春と秋の休日は、いずれも予約が必要。ただし、いい時間帯はほとんど旅行会社が押さえている(笑)。

その他

冒頭で記した通り、本来の嵐山は上の渡月橋の写真の左手奥、阪急電車の嵐山駅があるエリアだ。

実はこちらにも京都最古の神社と伝わる松尾大社や、年中鈴虫の声が聞こえ、恋愛成就のご利益を求めて若い女性たちが集う華厳寺(通称、鈴虫寺)、そして今は完全予約制となった世界遺産の西芳寺(通称、苔寺)等々、見るべき古刹が存在する。 紅葉の季節は別としても、それ以外のシーズンに、一度は足を運んでみたい穴場だろう。

駐車場事情

「百聞は一見に如かず」とは、まさにこのこと(笑)。

桜と紅葉のシーズンは、週末になると渡月橋一帯に通行規制が施かれ、全く思うようには走れない。駐車場と車中泊に関する情報は、以下の嵯峨野のページに記載している。

車中泊で行く、嵐山&嵯峨野。 お勧めモデルコース・2018年春更新

また、車中泊で行くなら亀岡からのアプローチをお勧めする。

「道の駅ガレリアかめおか」からアクセスする、嵐山・嵯峨野 詳細ページ

【京都】Contents

車中泊旅行者がいちばん知りたいのは、 京都市内をクルマを持て余さずに観光する方法

京都を愉快に旅する秘訣

世界文化遺産「古都京都の文化財」

車中泊で楽しめる「京都のお花見スポット」5 選まとめ

京都市内の見どころ一覧

京都の名店と名物グルメ 一覧

京都市内の観光事情とお勧めの車中泊スポット7選

スポンサードリンク