「サントリー山崎蒸溜所」は、マッサン(竹鶴政孝)が作った日本で最初のウイスキー工場 

2014年9月から翌年の3月まで放送されたNHKの朝ドラ「マッサン」は、ご承知の通りニッカウイスキーの創始者「竹鶴政孝」とその妻「リタ」の物語だ。

玉山鉄二とシャーロット・ケイト・フォックスの好演に加え、広島・大阪・北海道が舞台になったことから視聴者のエリアが広がり、平均視聴率21.2%と「あまちゃん」を上回る人気を博した。

たぶんそのことが背景にあるのだろう。「マッサン」は早くも2018年4月からBSで再放送されることとなった。

喜んだのは、他ならぬ筆者である(笑)。

筆者がクルマ旅のコンテンツのひとつに、映画やドラマの「ロケ地めぐり」を掲げていることをご存知の人は多いと思う。中でも多く紹介しているのは「大河ドラマ」だが、それにはちゃんとした理由がある。

ロケ地めぐりの旅に好適なのは、「実在人物が主人公であること」なのだ。

実は、マッサンの実家である広島の竹原も、ニッカウイスキーの工場がある余市も既に取材は完了しており、あとはそれを記事にまとめるだけだった。

だが、それをするのに足りなかったものがひとつある。

それは「タイミング」だ。「いつやるんですか?」は「成果が出る時」、つまり「旬」に成り立つ格言だと筆者は思っている。だが、ライブで放送された2014年は書籍の執筆に追われ、それどころではなかった。

そのため、危うく「宝の持ち腐れ」になってしまうところだったのだが、運よく次の波がやってきたというわけである(笑)。

さて。今日はサントリー山崎蒸溜所の話をするのだが、実は現地を訪ねても竹鶴政孝どころか、ドラマ「マッサン」に関する表記は全く見当たらない。というか、むしろ事実を巧妙に置き換えていると云っても過言ではない気がした。

以下はウィキペディアからの引用だが、内容はほぼドラマ「マッサン」で描かれていた通りである。

1923年、大阪の洋酒製造販売業者寿屋(現在のサントリー)が本格ウイスキーの国内製造を企画。社長の鳥井信治郎がスコットランドに適任者がいないか問い合わせたところ、「わざわざ呼び寄せなくても、日本には竹鶴という適任者がいるはずだ」という回答を得た。

鳥井は以前摂津酒造に模造ワイン製造を委託していたことがあり、竹鶴とも数度面会したことがあった。鳥井は竹鶴を年俸四千円という破格の給料で採用した。この年俸は、スコットランドから呼び寄せる技師に払うつもりだった額と同じと言われる。同年6月、竹鶴は寿屋に正式入社。

竹鶴は、製造工場はスコットランドに似た風土の北海道に作るべきだと考えていたが、鳥井は消費地から遠く輸送コストがかかることと、客に直接工場見学させたいという理由で難色を示した。竹鶴は大阪近辺の約5箇所の候補地の中から、良質の水が使え、スコットランドの著名なウイスキーの産地ローゼスの風土に近く、霧が多いという条件から山崎を候補地に推した。工場および製造設備は竹鶴が設計した。特にポットスチルは同種のものを製造したことのある業者が国内になく、竹鶴は何度も製造業者を訪れて細かい指示を与えた。

1924年11月11日、山崎蒸溜所が竣工し、竹鶴はその初代所長となる<中略>。ただし、この蒸溜所は社員は竹鶴のほかに事務員1名がいるのみの小さい工場であった。竹鶴は酒造りに勘のある者が製造に欠かせないと考え、醸造を行う冬季には故郷の広島から杜氏を集めて製造を行った。

<中略>

鳥井は最大限、竹鶴の好きなように製造をさせたが、金ばかりがかかって全く製品を出荷しない山崎蒸溜所は出資者らから問題にされ、鳥井はやむなくそれとなく発売を急ぐよう指示。出荷ができるほどに熟成した原酒は最初の年に仕込んだ1年分のみで、ブレンドで複雑な味の調整をすることができないため難色を示した竹鶴だが、それ以上出資者を待たせるわけにもいかないということも承知していたので、出荷に同意する。

1929年4月1日、竹鶴が製造した最初のウイスキー『サントリー白札』(現在のサントリーホワイト)が発売される。しかし、模造ウイスキーなどを飲みなれた当時の日本人にはあまり受け入れられず<中略>、販売は低迷した。

さて、問題はここからだ。

サントリーのサイトには、「サントリー山崎蒸溜所は1923年サントリーの創業者、鳥井信治郎が建設した」と書かれ、山崎蒸溜所のパネルには、鳥井信治郎が初代マスターブレンダーとして紹介されている。

「やってみなはれ!」でお馴染みの「鴨居の大将」は、男気に満ちた営業肌の豪傑で、自らが職人仕事をするようなタイプではなく、息子を竹鶴に預けてそれを覚えさせようとしていたことを、いったい何万人が見ていたと思っているのだ。

サントリーも大企業になれば、「古事記」みたいに都合の悪い過去を歪めるのかと思うと悲しくなるが(笑)、もし社長本人が生きていれば、そんな話は望みもしないと思う。

サントリーに携わる人間なら、ハイリスクを承知の上で竹鶴政孝にチャンスを与え、日本製のウイスキーを初めて世に送り出しただけでも十分といえる功績だし、厳しい社会情勢の中でやむなく「売れる酒」作りに方針を転換したことも、企業であれば当然のことと胸を張ればいい。

「竹鶴は本物のウイスキーを作り、鳥居はそれをベースに売れるウイスキーを作った」。それが真実であり、それで良いではないか。

愉快なのは、その真実をサントリー宣伝部に代わって世に知らしめてくれたのが、朝ドラの「マッサン」であるということだ。

当時はまだ桜並木がなく、霧のかかる日が多かったというこの地を見つけ、そこに工場を建てて、ひたすらウイスキーづくりに打ち込んだマッサン。ドラマの視聴者は、そんな熱意に満ちたマッサンの姿が瞼に思い浮かべられることを期待しながらこの地にやってくる。

ゆえに「日本のウイスキーづくり」という大局に立てず、貧素なプライド意識から小賢しく事実を歪めた展示内容には、強い違和感と憤りを感じざるを得ない。

現在の山崎蒸溜所は、シングルモルト「山崎」の開発に力を入れているようだ。「響」とあわせて、高級志向の顧客層を狙っているのだろう。

ちなみに、シングルモルトの「シングル」とは単一蒸溜所の原酒を意味し、「モルト」は発芽させた大麦を主原料とするウイスキーのこと。皮肉にもベースはマッサンが山崎で行ってきたウイスキー造りそのものだ。

つまり、サントリーにおける竹鶴の存在と功績を認めてしまうと、それが現在にまで通じていることになる。逆に竹鶴の存在を「なかったもの」にしてしまえば、全ての功績が鳥井信治郎から始まったことにできるわけだ。

国産第一号のウイスキー「白札」が売れなかった最大の理由は、作り方が悪かったのではなく、熟成期間が足りなかったことにある。鳥井信治郎はそのことをよくわかっていたが、最後まで竹鶴を養護するだけの資本力がなかった。そのため彼が責任を追うかたちでサントリーを去る際に、ドラマでは高額な餞別を渡している。そしてそれは後にニッカ創設資金の一部として活かされる。

ちなみに竹鶴がサントリーを去った後に、現在の「角瓶」の大元にあたる「サントリーウヰスキー12年」が爆発的なヒット商品となるのだが、それは竹鶴によって生み出された後、貯蔵庫で十分な熟成期間を経た原酒がブレンディングベースになっている。

こんな話ができるのは、ニッカウイスキーではあるまいに…

最後に。見学施設は工場というより「研究室」。東京ライクで、なんとも知的に見えるが、凡人にはなんのことだかわからない(笑)。

そして試飲は有料。どのみちクルマ旅では飲めないので関係ないが(笑)、さすがはサントリーだけあって、他とはインパクトが違う。

たった15ミリリットルで2900円もするお酒とはいかなものか。それが簡単に味わえる身分になったら、この地を再び訪ねてみよう(笑)。

サントリー山崎蒸溜所
〒618-0001 大阪府三島郡島本町山崎5丁目2−1
☎075-962-1423

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

山崎周辺の見どころ 一覧

【京都】Contents

車中泊旅行者がいちばん知りたいのは、 京都市内をクルマを持て余さずに観光する方法

京都を愉快に旅する秘訣

世界文化遺産「古都京都の文化財」

車中泊で楽しめる「京都のお花見スポット」5 選まとめ

京都市内の見どころ一覧

京都の名店と名物グルメ 一覧

京都市内の観光事情とお勧めの車中泊スポット7選

スポンサードリンク