琵琶湖屈指の桜の名所 「海津大崎」には、マイカーで行けるの、行けないの?

京阪神在住の人間なら、琵琶湖きっての桜の名所と呼ばれる「海津大崎」の名前を知らない人は少ないと思う。

およそ800本のソメイヨシノが、奥琵琶湖の湖岸に約4kmにわたる桜のトンネルを描く様は、「日本のさくら名所100選」に名を連ねる琵琶湖の春の風物詩だ。

だが、それゆえに人が来る(笑)。
そのためインターネットを見る限り、今は満開になれば通行規制が行われ、マイカーでのアクセスは事実上不可能のようにアナウンスされている。

だが、これは何だ? どうしたことだ?
マイカーで「海津大崎園地」まで桜の季節に行けているクルマがあるではないか!

高島市の観光情報などのウェブサイトを見て、勘違いしないでほしいのは、まず交通規制が行われるのは、満開の週末のみということと、駐車場はないが「駐車スペース」はあるということだ。

ウェブサイトや観光パンフレットは、渋滞やトラブルを恐れるがあまり、週末に来る人に向けの「偏った」情報になっている。

それは分からないでもないが、世の中には平日に休みが取れるサラリーマンもいれば、毎日休みのご老公様だっている。しかしそういう人たちは今の情報ソースから、正しい話を知りようがないというは、あまりにも公平さに欠ける気がする。 

一番広い駐車スペースはこの臨時トイレの横にあり、10台程度は置ける。そこが満車なら、20メートルほど進むと園地の脇にもポツポツと停められる。ただしMAXでも20台ほどだろう。

海津大崎をそのまま湾に沿って先に進めば、やがて無料の観光道路である奥琵琶湖パークウェイの入口にぶつかる。頂上のつづら尾展望台からの眺望は素晴らしく、そのまま余呉・木之本に抜けることも可能だ。

奥琵琶湖パークウェイの詳細はこちら

もちろん大半の人には「聞いたところで、どうにもならない話」かもしれない。しかしいずれ貴方にも65歳になる日が訪れる(笑)。

残念だが、その日まではマキノ駅からパーク&ライドをするか、お花見船で湖上からアクセスするか、自宅で美しい写真や映像を愛でていただくしかしかないだろう。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

スポンサードリンク