琵琶湖が一望できる無料の観光道路 奥琵琶湖パークウェイ 

琵琶湖を高台から見渡せる道は、湖西なら比叡山ドライブウェイ、もしくはびわ湖バレイ、また湖東では伊吹山ドライブウェイがあるのだが、いずれもお金がかかる。特に伊吹山に至っては、普通車が往復で3090円もかかるのだから、琵琶湖の眺望は「高級品」といってもいい(笑)。

だが、湖北にはこんな素晴らしい琵琶湖の景観が「無料」で見られる道がある。

「奥琵琶湖パークウェイ」と呼ばれているのは、滋賀県長浜市西浅井町岩熊から大浦まで続く全長約18kmのワインディング・ロードで、正確には滋賀県道512号葛籠尾崎塩津線と県道513号葛籠尾崎大浦線のこと。かつては滋賀県道路公社の有料道路だったが、現在は無料開放されている。

頂上の「つづら尾展望台」には広い駐車場があり、そこからは海津大崎のある湖西側と、広々と開けた湖東側の異なる景観が楽しめる。

駐車場にはトイレと売店があるが、駐車場のゲートが夜20時から翌朝8時までは閉鎖されるので、車中泊はできない。

その奥琵琶湖パークウェイが一番美しい時期は、湖西側の 沿道を約4000本の桜が飾る春だ。

途中からは琵琶湖屈指の桜の名所「海津大崎」も見える。

つづら尾崎から海津大崎へは、大浦で合流する県道557号を左折すれば、写真のような風光明媚な道なりに行くことができるが、満開時には人が溢れて渋滞になるだけでなく、週末には通行規制も行われるので注意が必要だ。

海津大崎の桜の詳細ページはこちら。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする