守山のなぎさ公園に咲く「寒咲菜花」 アクセス&撮影ガイド

多くの被写体が冬枯れする、1月下旬から2月に見頃を迎えるのが、琵琶湖の守山市にある「なぎさ公園」の菜の花畑だ。

寒咲菜花と呼ばれるこの品種は、雪を冠る蓬莱山を背景に、一足早い春が撮れることで人気があり、新聞にも取り上げられるほどの名所になっている。琵琶湖大橋にも近く、比較的天候も穏やかな地域にあるこの撮影地を、今日は詳しくガイドすることにしよう。

湖西方面からのアクセスなら、琵琶湖大橋を渡って最初の交差点を近江八幡方面に左折する。

目印はかつての「ワンワン王国」の場所にできた大型商業施設の「ピエリ」。これを超えた先の中層マンションの向こうが目指す菜の花畑である。琵琶湖大橋からはクルマで5分もかからない。

マンションを超えたらスグにハマヒルガオ群生地と書かれた古ぼけた看板が目に入るので、そこを左折し10メートルほど進んで右手にある専用駐車場へ車を停める。

キャパは30台ほどなので週末は満車かもしれないが、見学客の回転は早いので少し待てば入れることが多い。なお駐車場は未舗装で、ぬかるんでいることが多いため履物には注意が必要だ。サンダルや防水性のないブーツでは泣きを見る(笑)。

撮影で大事なのは時間帯。午後からはマンションの影が菜の花畑にかかってくるため、撮影に適した時間帯は午前10時~正午あたりになる。

またこの菜の花畑は、ネット上の作品から想像するよりかなり小さく、広角レンズは持て余してしまう。焦点距離が1.5倍になるデジタル一眼レフなら、実質35ミリ程度が適性だ。

また公園なので、人が頻繁にお花畑の中を歩き回るし、山際はお天気も変わりやすい…

つまり、そう易々とは冒頭のような写真が撮れるチャンスは巡ってこない(笑)。困った時は、マクロモードやフィルターを駆使して、様々なアングルから菜の花を狙う方が、人や雲が切れるまでの時間を潰せるし、はるばるやって来た甲斐があることになるだろう。

ここは道の駅「琵琶湖大橋・お米プラザ」にほど近く、なぎさ公園からは10分もかからない場所に、スーパー銭湯もある。ただし道の駅は、なぎさ公園の琵琶湖を挟んだ対岸にあり、行き来するごとに橋の通行料200円が必要だ。

それが煩わしければ、少し遠くなるが、道の駅「草津」に泊まることも可能だ。こちらは同じ東岸なので橋代は不要。おまけに琵琶湖大橋よりもはるかに静かだ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする