「黒部の太陽」を見れば、アルペンルートがよくわかる。

「もう多分、その映像を見る機会は一生ないのだろう。」と諦めていた石原裕次郎主演の映画「黒部の太陽」が、2013年の春、遂にTSUTAYAの店頭に並んだ。

長年この作品がDVD化されなかった背景には、裕次郎の遺言がある。

「再上映をする時は、大きなスクリーンで見て貰いたい」という生前からの意向が尊重され、1968年に初上映されて以来、一度たりともテレビに出ることさえなかったのだ。

ニュースによると、石原プロモーション設立50周年を記念し、今回のDVD化が実現したとのこと。『黒部の太陽』の他にも『栄光の5000キロ』『富士山頂』『ある兵士の賭け』『甦る大地』のこれまでDVD化されていなかった5作品が対象だそうだ。しかも、当時のカメラマンと音声スタッフの監修のもとに、デジタルリマスター処理を施してある。確かに45年の歳月を全く感じさせない映像であった。

「黒部の太陽」は、当時、世紀の事業といわれた黒部ダムの建設物語だと思っている人もあるようだが、正確には少し違う。

ストーリーの中心は、当時「大町トンネル」と呼ばれた現在の「関電トンネル」採掘時に、大きな障害となって立ちはだかった「破砕帯」との戦いに置かれている。

つまりアルペンルートの長野県側が舞台だ。今でもトンネルの中には「破砕帯」のサインがあり、トロリーバスの窓からそれを確認することができる。

「黒部の太陽」のあらすじはこちらで確認。

ちなみに、原作は木本正次が1964年に書いた毎日新聞の連載小説。筆者が持っているのは、同年にそれを信濃毎日新聞社が書籍化したものだ。

ところで黒部ダムは、別名「クロヨン」とも呼ばれるのだが、正確には「黒部第四ダム」を意味している。第4ということは、その前に3も2もある…

実は「黒部の太陽」を含めて、黒部峡谷がどれほど人を寄せ付けない秘境であるかを知るには、アルペンルートよりも、宇奈月温泉駅から出ている「黒部峡谷鉄道」、通称「トロッコ列車」に乗るほうがよくわかる。

黒部ダムに行くなら、アルペンルートを横断するより、大町から黒部ダムで引き返し、富山県の宇奈月に出て黒部峡谷鉄道と組み合わせたほうがずっと面白い。

立山黒部アルペンルート コンテンツ

アルペンルートと黒部峡谷鉄道の「深い関係」

「黒部の太陽」を見れば、アルペンルートがよくわかる。

「アルペンルートと黒部峡谷」 春・夏・秋の見どころ・まとめ

立山黒部アルペンルート 「雪の大谷」リアル散策ガイド

アルペンルートと黒部峡谷の秘湯・名湯 一覧

アルペンルートと黒部峡谷の車中泊事情&車中泊スポット 一覧

スポンサードリンク