アルペンルートと黒部峡谷鉄道の「深い関係」

今でこそ、年間何万人もの観光客が利用するアルペンルートと黒部峡谷鉄道だが、元をたどれば「同じ場所」を目指して作られた「資材輸送経路」であったことをご存知だろうか。

この2つの「観光ルート」が持つ真の魅力は、その背景と経緯抜きには語れない。

このマップでお分かりのように、アルペンルートと黒部峡谷鉄道は、ともに「黒部川源流部」へのダム建築資材と作業員の輸送ルートとして築かれたものだ。

そしてその背景には、急速に電化が進む日本の社会と、それに対応するための電源開発という命題があった。

関西電力のホームページによると、当時は猟師すら足を踏み入れない秘境と呼ばれた黒部峡谷の、秘めたる水力発電の可能性に注目し、調査が始まったのは大正7年。

まずは宇奈月温泉から現在のトロッコ列車の軌道建設がスタートし、同時期に日電歩道が開削され、源流部の調査が進められていったという。

日電歩道は大正14年頃に左岸の絶壁を削って作られた幅50センチほどの道。測量隊は大きな荷物を担ぎ、約17キロに及ぶこの道を命がけで往復したそうだ。

それだけでもビックリだが、現在は幅80センチに広げられ、登山者が欅平から黒部ダムまで歩行できるよう整備されているというから、もっと驚く(笑)。

なお、宇奈月からの電源開発の経緯は、関電サイトの「黒部開発の苦闘とその全貌」に詳しく記されているので、興味があればそちらを参照していただきたい。ここでは少し先を急ごう。

宇奈月から始まった黒部の電源開発は年々進み、昭和22年には柳河原発電所・黒部第二発電所・黒部第三発電所が稼働するまでに至った。

その直後の昭和24年、黒四開発構想が発表される。

この計画は昭和26年の電力再編成で誕生した関西電力(株)に引継がれ、昭和31年に建設工事が始まるが、その背景には「逼迫して後戻りのできない大きな理由」があった。

本格的な戦後の復興期にさしかかった昭和30年当時の日本は、産業の発展に発電が追いつかず、特に関西では、工場で週2日、一般家庭では週3日の計画停電を実施せざる得ないほど、深刻な電力不足に陥っていた。

しかし、黒部第四ダムの建設計画は、工事現場がこれまでよりもさらに奥地であることに加え、ダムそのものの規模が大きく、既存のルートで建築資材と作業員を運送することは事実上不可能だった。

そこで、ダム予定地まで大町トンネル(現在の関電トンネル)を掘ることを決断する。それが現在の立山黒部アルペンルートの「扇沢~黒部ダム間」だ。

昭和31年から始まった黒部ダムの建設は、当時の金額で513億の巨大投資と、延べ1,000万人に及ぶ人員を要し、実に7年の歳月を経て完成した。

その間、大町トンネルの掘削(くっさく)を阻んだ「破砕帯」にどれけ苦労を強いられたかは、木本正次原作の小説「黒部の太陽」で克明に描かれ、映画化・ドラマ化されたことで、多くの国民が知るところとなった。

「黒部の太陽」を見れば、アルペンルートがよくわかる

またNHKのプロジェクトXでも取り上げられ、2002年の「第53回NHK紅白歌合戦」で、極寒の黒部ダムの地下道から、中島みゆきが生中継で主題歌の「地上の星/ヘッドライト・テールライト」を歌唱したのは有名な話だ。

さて。最後に立山黒部アルペンルートの残りにあたる、黒部ダムから立山駅までの30.5kmの話をしよう。

立山山岳地帯の観光開発は、昭和27年まで遡る。

実は前述した黒部ダムの建設資材を運ぶ「大町トンネル」の掘削と連動して、「富山と信濃大町を結ぶ道路建設を核とした、立山・黒部・有峰地区における一大循環ルートの構築」が立案され、富山県と立山開発鉄道・北陸電力・関西電力の3社が協同開発会社を設立。一帯の観光産業開発計画調査が行われていた。

筆者は「てっきり後付け」だと思っていたのだが、黒部ダム建設と「同時進行」していたのは驚きだった。

その結果、昭和33年までに立山ケーブルカーと立山高原バス道路が完成し、苦戦を強いられてきた大町トンネルも開通する。

さらに昭和41年の春には、雄山直下を貫く立山トンネルの掘削工事が始まり、昭和46年6月、立山トンネルバス・立山ロープウェイ・黒部ケーブルカーの完成をもって、ついに立山黒部アルペンルートは全線開通を果たした。

途中、自然保護団体による反対運動から、全線自動車道路をあきらめ、大観峰から黒部平まではロープウェイ、黒部平から黒部湖まではケーブルカーに計画が変更されるなど、紆余曲折を乗り越えながら、予定より2年遅れの完成であった。

いずれにしても、黒部峡谷の電源開発がなければ、立山黒部アルペンルートは生まれなかった。

大阪に住み、今日も黒部ダムから送電されてくる電気を使って暮らしている筆者は、ダブルでその恩恵に授かれていることに感謝をしたい。

いや… 黒部川沿いに湧く秘湯や、その素晴らしい紅葉が愛でられることを加えれば、ダブルではなくトリプルでその恩恵を受けていることになる(笑)。

それを踏まえた上で、アルペンルートと黒部峡谷を見たり歩いたりすると、感慨はひとしお。知らない人には何の変哲もないものに、妙な感動を覚えたりするから面白い。

Next

「アルペンルートと黒部峡谷」 春・夏・秋の見どころまとめ

立山黒部アルペンルート コンテンツ

アルペンルートと黒部峡谷鉄道の「深い関係」

「黒部の太陽」を見れば、アルペンルートがよくわかる。

「アルペンルートと黒部峡谷」 春・夏・秋の見どころ・まとめ

立山黒部アルペンルート 「雪の大谷」リアル散策ガイド

アルペンルートと黒部峡谷の秘湯・名湯 一覧

アルペンルートと黒部峡谷の車中泊事情&車中泊スポット 一覧

スポンサードリンク