このくらいは知っておきたい、 お城の専門用語

最初に断っておくが、このサイトでは「クルマ旅のひとつのコンテンツ」として、特に「城郭マニア」というわけではない旅人でも、「このくらいは知っておきたいというレベル」の「お城知識」をまとめている。そのため、いわゆる「お城用語集」とは中身も構成も違い、筆者の興味本位に書かれている(笑)。

ただし、写真は全て自前。借り物に講釈だけをつけているのではない。

まずは石垣から。

日本には石垣しかないお城はあるが、石垣のないお城はほとんどない(笑)。

つまり「お城を語るには、まず石垣から」というのが筆者のスタンスだ。ちなみにお堀もそうだが、あまり語れるものはなさそうなので、割愛して先に進む。

さて。石垣は大きく野面(のづら)積み・打ち込み接ぎ・切り込み接ぎの3つに分けられる。

野面積みは最も古い石垣の積み方とされ、戦国時代に建造されたお城の大半で見られる。また織田軍の石垣には、寺社の灯籠や石像まで使われていることもある。写真は明智光秀が近世城郭へ大修築をしたとされる福知山城の石垣。なお、「接ぎ(はぎ)」は、つなぎ合わせるという意味で、江戸時代以降に登場する技法だ。

野面積み

自然石をそのまま積み上げた石垣。加工していないため、石の形に統一性がなく、隙間や出っ張りが多いことから、敵に登られやすいという欠点がある一方で、排水性に優れている。

中でも有名なのは、滋賀県の大津市坂本の近くにある、穴太(あのう)の石工集団・穴太衆が手が掛けた野面積みの石垣。「穴太積み」とも呼ばれ、写真の安土城の石垣も、彼らが積み上げたと云われてきた。ただ近年の研究では、明確に「穴太積み」だと断定できる城跡はどこにもないという説もある。

武者返し

熊本城の石垣も穴太衆が手がけたとされているが、地面付近は勾配が緩く、上に行くにしたがって勾配がきつくなる独特なもので、「武者返し(むしゃがえし)」と呼ばれている。

狭間(さま)

塀をはじめ、天守や櫓の壁面に設けられている防御用の穴や窓のこと。戦の際にはそこから弓矢や鉄砲などで攻撃するが、外側になるほど狭くなっており、内側にいる射ち手にとっては動きやすく、敵から狙い撃ちされにくい造りになっている。写真は「大河ドラマ真田丸」のイントロで使われた備中松山城。テレビではこの城にCGIを合成して、リアルな映像を創り出していた。

縄張り

城郭全体が残るお城に行くと、離れたところからでも見える「天守」だが、実はなかなか近づくことができないことがわかる。

この複雑多岐なレイアウトを決めること、具体的には本丸をどこに置くか、二の丸・三の丸などの曲輪はどう配置するか、また防御のための堀や石垣をどうめぐらせるかなど、お城の全体像を設計することを、この世界では「縄張」と云う。

「縄張」には何人かの名人がいた。古いところでは武田信玄に使え、現在の松代城(旧海津城)を築いて「甲州流築城術」を極めた山本勘助、その後は加藤清正や藤堂高虎が次々と名城を手がけていくが、忘れてはならないのは、このふたりの師匠筋ともいえる黒田官兵衛、そう「軍師官兵衛」だ。

徳川家康が最後まで手を焼いた大坂城と、朝鮮出兵に向けて佐賀県の呼子に建造した、「本物の侍ジャパン」が集う名護屋城を縄張りしたのは、他ならぬ官兵衛である。

城門と櫓

城郭の出入口のことを、この世界では「虎口(こぐち)」と呼ぶ。もともとは「小口」と書かれていたらしいが、城の弱点でもあり、敵を撃退する重要な場所ということで、いつしか「虎」の字が使われるようになったとか(笑)。

その「虎口」を守るのが「城門」だが、お堀や石垣で封鎖された空間である以上、城門の防御はお城にとっては何よりも重要だ。そのため城門は城内の位置や役割、形式によって多くの種類に分類されている。

ちなみに、今でもよく耳にする「大手門/追手門(おおてもん)」とは、お城の正門、「搦手門(からめてもん)」は逆に裏門のことを云う。写真は江戸城(現在の皇居東御苑)の大手門。やっぱり立派だ(笑)。

もうひとつ覚えておきたいのが、城門防衛策の完成形と呼ばれる「枡形門(ますがたもん)」だ。枡形門は最初の門が突破されても、次の門からの攻撃で敵を殲滅できる構造で、特にこの金沢城の石川門のような内枡形の場合は、敵は真っ直ぐ進入できず、次の門を攻撃している間に、三方向から攻撃を受け続けることになる。

今度は櫓(やぐら)について。

語源を辿ると、武器の保管庫だった「矢倉(やぐら)」が発展したものというのが「定説」のようで、実際には武器だけではなく、塩、味噌、薪、炭などの保管庫も兼ねていたようだ。また「物見櫓」として見張り台、時には「見物台」のようにも使われていた。

しかし戦国時代に入って戦が激しくなると、そこに天守を敵から守るという重要な役割が加わる。そのため城門の上や横に建てられたり、複合式天守や連結式天守のように櫓を連結させて、天守を守るという構図が生まれる。写真はいずれも上田城。真田昌幸が2度に渡って徳川軍を打ち破った伝説の名城だ。

曲輪(くるわ)

曲輪というのは、お城を構成している区画のこと。よく耳にする「本丸」「二の丸」「三の丸」はその曲輪(区画)の名称で、基本的には段差で区分され、それぞれ異なる役割を有している。

写真は雲海に浮かぶことで有名な竹田城。今回は雲海よりも「縄張り」のわかりやすさでピックアップした。なお雲海とともに見るのなら、天守が残る備中松山城のほうがずっといい。

本丸

天守が建っている最上段の曲輪が本丸。広い面積が確保できる大きなお城では、天守の近くに本丸御殿もあり、奥半分が藩主とその家族の住まい、前の半分が藩の政庁として使われていた。写真は「現存十二天守」で唯一本丸が残る、高知城の本丸御殿。

二の丸・三の丸

本丸御殿がないお城では、二の丸御殿がその代用とされたが、本丸御殿がある場合は、隠居した前藩主やその側室、あるいは世子(世継)の住まいとして使われた。また家臣団も居住し、防衛上の最終拠点となっていたと云われている。

さらに下段にある「三の丸」は、「本丸」と「二の丸」を守る戦の際の最前線。精鋭部隊が布陣し、いざという時は敵と直接刀や槍を交えて戦ったという。

天守

「籠城」という言葉があるように、戦国の世ではお城そのものが「最期のとりで」になるわけだが、本丸に建つ「天守」はさらにその核心とも呼べる存在だ。

そもそも、お殿様が「天守」に上がるのは、家督相続の儀式や戦の軍議、さらには最終局面で自刃するなどの「特別な時」に限られていた。

そのため戦国時代の「天守」には、金属を貼り付けた頑丈な扉や、付櫓(つけやぐら)、さらには急勾配で幅の狭い階段など、敵兵がすぐには天守に入れないための様々な工夫が施されている。

その天守は織田信長が築城した安土城以降に多く登場する。「天守閣」と呼ばれることもあるが、これは幕末以降に使われ始めた俗称で、学術用語としては「天守」が正しい。

また一般的に天守の色は、豊臣の城は黒く、徳川の城は白いと云われている。ただ、関ヶ原の合戦前に寝返ったり、大阪城のように再建時に入り混じって造られたケースもあるため、全てがそうとは言い切れない。

写真は昭和に再建された大阪城だが、下層階は「徳川」、最上階は「豊臣」時代のものになっている。ま~、よくこんないい加減な城を作ったもんだ!(笑)。

現存十二天守と復元・復興天守、さらに模擬天守

「よく分かる、ニッポンのお城 専門用語&現存十二天守と日本100名城」で記した通り、江戸期以前から存続している「天守」は「現存十二天守」と呼ばれ、この世界では特別な存在だ。

「国宝」あるいは「重文」に指定されており、それ以外の「天守」とは明確に区別されている。写真は2015年に国宝に再指定され、話題になった松江城。

それ以外の「天守」というのは、もともとその場所に建っていた「天守」を復元・復興したものだと思われがちだが、中にはそうでないものも存在する。それが模擬天守だ。

お城は実在したが、本当は天守がなかった、あるいは天守が存在したかどうか不明にもかかわらず、城跡に建てられた天守などがそれに該当する。

写真は淡路島に残る「洲本城」の模擬天守だが、日本最古ということで1999年に国の史跡に指定されている。この釈然としない気持ちは何なんだろう(笑)。

いっぽうこちらは、本物顔負けの出来栄えを誇る「伏見桃山城キャッスルランド」の模擬天守(笑)。経営不振で存続が危ぶまれたが、市民運動によって保存されることになり、無償で京都市に贈与され、敷地を含めた周辺は「伏見桃山城運動公園」として再整備された。

中にはこういう事例もあるので、単純に「ニセモノは駄目」と決めつけるのはどうかとも思う… 

このあたりに、「ピュアにいいものがあれば見たい」という旅人目線と、マニアの意識の違いがありそうだ。花見の名所として書いた記事があるので、時間があればついでにどうぞ。

マイカーで行ける京都市内の穴場お花見スポット 伏見桃山城

連立型天守と独立型天守

現存する「天守」は、大きくふたつのタイプに分けられる。

ひとつは「連立(連結)式天守」と呼ばれ、天守と小天守(櫓)や隅櫓が渡櫓で結ばれている。写真の姫路城や伊予松山城、あるいは松本城などで見ることができるが、見応えがあるのは、やはり連立型の天守だろう。写真は云わなくてもわかる「姫路城」。もちろんピカピカになってから撮影している。

いっぽうこちらは、まさに見た目通りの「独立式天守」。写真は「現存十二天守」の中の丸岡城。「一筆啓上」といえば分かる人も多のでは…

破風(はふ)

最後は天守を飾る大きな三角屋根、破風について説明しよう。

天守最上階の屋根は必ず破風で飾られているが、お城によってはそれが下層階にも設けられている。装飾とはいえ、破風は採光を兼ね、中を射撃用の小部屋にできる実用的なものだ。三角形の壁面の多くは防火性に優れた白い塗籠だが、写真の松本城のような木連格子などもある。

なお、屋根の上を丸く盛り上げた「唐破風」は格式の高い破風で、僅かなお城でしか見られない。「現存十二天守」では写真の犬山城の唐破風が有名だ。

今宵はここまで。チェストー西郷どん!(大笑)

名城 記事一覧

スポンサードリンク