日本最古の模擬天守を誇る、淡路島の洲本城

洲本城には3つの見どころがある。

1つはこの野面積みの石垣だ。洲本城の石垣には適度に荒れた感じが残り、当時の雰囲気が漂っている。とりわけ本丸南側の虎口と大石段、そして本丸西側の高石垣には見事なものだ。

ふたつめは景観。天守のある展望所からの見晴らしは抜群で、大浜を一望する光景は、洲本八景のひとつにも選ばれている。

そして最後は模擬天守。明治維新の「廃城令」により、洲本城は廃されたが、1928年(昭和3年)に昭和天皇御大典記念として鉄筋コンクリート製の模擬天守が建造された。

ちなみに、この模擬天守は江戸時代の天守を復元したものではないにも関わらず、模擬天守としては日本最古のものであることから、1999年(平成11年)に国の史跡に指定された経緯を持つ。

お城ファンには、どこかやるせなさが残る裁量だが(笑)、それはそれで面白い。

ちなみに洲本城の模擬天守は、2013年に改修工事が行われ、今はきれいに化粧直しされている。

ここからは洲本城の歴史を振り返ろう。

室町時代の末期にあたる1526年(大永6年)、洲本城のある三熊山に最初の築城を果たしたのは、三好氏の重臣・安宅治興だ。熊野水軍の頭領である安宅氏は由良に城を築き、そこを本拠地として淡路島内八箇所に城を築いたとされているが、洲本城はその中のひとつであった。ただ、当初の洲本城に石垣はなかったという。

その後洲本城は、織田信長・豊臣秀吉の支配下に置かれるが、今に残る素晴らしい石垣の始まりは仙石秀久にあるようだ。仙石秀久は秀吉による有名な四国攻めの水軍の城として、石垣の要塞を築き始めた。

しかし秀久は秀吉の九州攻めの際に軍律違反を犯して失脚し、淡路国は脇坂安治が新たな城主となる。脇坂安治は淡路水軍を吸収し、豊臣水軍の中核を形成。後にこの水軍が北条氏の小田原城攻めで海上封鎖作戦を行い、戦果を挙げる。

脇坂安治は、洲本城を改修して水軍の本拠地とし、天守の造営、石垣の大改修などを行ったが、この際、倭城での経験から「登り石垣」が築かれた。 現在も残る洲本城の石垣は、この時代に築かれたものだという。

洲本城
〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1272-1
入場料:無料
駐車場:無料
山頂部大手門跡脇(馬屋曲輪跡)に無料駐車場あり。(約20台)

名城 記事一覧

スポンサードリンク