よくわかかる、世界文化遺産「富士山」

日本人なら、富士山が世界遺産に登録されていることは周知だと思うが、その登録正式名称をご存知だろうか…

ユネスコは、2013年6月にカンボジアの首都プノンペンで開催された世界遺産委員会で、日本政府が推薦した「富士山」を世界文化遺産に登録した。

実は多くの国民が希望した通り、政府も当初は富士山を「世界自然遺産」に登録することを目指していた。

だが、ゴミの不法投棄や乱開発による環境破壊により、本来の自然が保たれていないこと、また世界を見渡せば、富士山と同じ円錐形の活火山は多数存在するなどの理由から断念、「世界文化遺産」への登録に向けて方針転換を行った。

きな臭い話だが… 

この方針転換には金銭が絡む「別の理由」があったとも聞く。調整段階で、地元観光業者と自然保護団体の利害が一致しなかったというのだ。

たしかに富士山が「世界自然遺産」に登録されれば、構成資産の自然に手を加えることが禁止される。しいてはゴルフ場やテーマパークはもちろん、道路建設も売店の出店もできないわけで、地元観光業者にとっては大きな痛手だ。

それでは観光客が増えたところで意味はなく、これまで通り自由に営業できるほうがずっといい。しかし、奈良や京都と同じ「世界文化遺産」なら、多少の制約は受けるものの、「世界遺産」というネームバリューを持ちつつ、観光施設を維持・拡張することは可能であり、また拝観料(入山料)をとることもできる。

いっぽう自然保護団体は、自然遺産までの効力は得られずとも、「世界遺産」というワッパをかけることで、富士山麓の乱開発に一応の歯止めはかけられる。

かくして両者は、富士山を「世界自然遺産」ではなく、「世界文化遺産」での登録を目指すという「絶妙の妥結点」を見出した。

その結果、対象となった「構成資産」は、信仰遺跡群や富士五湖などを含む25件。正式名称は「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」である。

たしかに、標高3,776メートルを誇る日本最高峰の富士山は、今でもその山麓に豊かな自然が残るネイチャーフィールドであることに間違いはなく、筆者が足を運んできたところもまた、自然が強く感じられる場所が多かった。

しかし江戸時代に生きた葛飾北斎や歌川広重は、暮らしの中にある富士山を浮世絵の中に描き、多くの人々のハートを掴んできた。

それは富士山が「芸術の源泉」であることの紛れもない証だろう。

であれば、彼らの足跡を辿り、同じ光景が見られる場所を探すというのも面白い。まさに「世界文化遺産・富士山」がもたらしてくれた、副産物ともいえるコンテンツである。

歌川広重の描いた景観が唯一残る「薩埵峠」へのアクセスガイド

ちなみに、世界文化遺産「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」は、静岡・山梨両県の広範囲にわたって構成資産が点在するが、世界遺産の審議に強い影響力を持つイコモス(国際記念物遺跡会議)は、富士山からの距離が遠い三保松原(静岡市)については、その対象から除外するよう勧告していた。

しかし景観改善に向けた地元の根強い運動と、それに動かされた政府のロビー活動が功を奏し、イコモスの提案は最終会議で覆り、逆転の世界遺産登録となって話題を集めた。日本人からすれば当然である。

「三保松原」撮影パーフェクトガイド 2018年2月更新

最後に、2017年12月に静岡県富士宮市にオープンした、「世界文化遺産・富士山」を分かりやすく解説している「静岡県富士山世界遺産センター」をご紹介。ここに足を運べば、たぶん富士山に対する認識が変わる。

行く価値ありの「静岡県富士山世界遺産センター」

富士山Contents

よくわかかる、世界文化遺産「富士山」

世界文化遺産「富士山」の見どころ 一覧

富士山周辺の車中泊スポット 一覧

富士山 全記事リスト

スポンサードリンク