徳川家康が本当に眠っているのは、日本平に通じる「久能山東照宮」

標高216メートルの久能山山頂に建つ「久能山(くのうざん)東照宮」は、徳川幕府・2代将軍秀忠が造営した、徳川家康を祀る東照宮の元祖で、静岡で唯一の国宝建造物として知られている。

徳川家康は1616年4月17日、75歳の生涯を現在の静岡市にある駿府城で終えている。死因については様々な見解があるようだが、家康は亡くなる前に細かく遺言を残していた。

その内容は、おおまかに書くと以下の通り。
1.遺骸は久能山へ葬ること
2.葬式は江戸の大本山増上寺で行うこと
3.位牌は三河の大樹寺へ置くこと
4.1周忌経ったら小堂を建てて日光山へ勧請すること

全てが遺言通り行われたとすれば、家康の遺骸はここ「久能山東照宮」に埋葬され、のちに御霊を「日光東照宮」に移したと推測される。

さて。その久能山だが、歴史は古く推古天皇(592- 628年)の時代に久能忠仁が久能寺を建立し、奈良時代には行基を始め多くの名僧が往来し、隆盛を極めていたという。

その後、1568年(永禄11年)に駿府へ進出した武田信玄は、久能寺を平地に移し、この要害の地に久能城を築く。だが、そのわずか7年後に勃発した「長篠の合戦」で、武田氏は織田・徳川連合軍に破れて滅亡する。代わって駿河の統治者となったのが徳川家康で、久能城もその支配下となった。

晩年になって家康は、「久能城は駿府城の本丸」であると、家臣にその重要性を説いたといわれている。

さて。ここからは東照宮の話になる。

まずは「楼門」だが、くぐったすぐ下に徳川家康の手形があるので、見落とさすに行こう。

これを押した当時の家康は38歳。身長は155センチ、体重60キロだったと記されているが、思ったよりも小さい。

久能山東照宮の一番の見どころは、「権現造」と呼ばれるこの社殿だろう。総漆塗・極彩色の建築は、江戸時代を代表する名工棟梁「中井大和守正清」が手がけたとされ、2010年には拝殿本殿石の間が国宝指定されている。

驚くべきは、400年前に彫られた彫刻がそのまま残っているということ。しかも漆の下には、歴代の職人の名前まで残されているという。

なお久能山東照宮では、江戸時代には20年に1度、明治時代以降は50年に1度のタイミングで、社殿をはじめとする建造物の漆塗り替えが行われており、近年では2006年(平成18年)に社殿の塗り替えが完了している。

また久能山東照宮では、中央に徳川家康、右手が豊臣秀吉、左手が織田信長と、戦国の三英傑が一緒に祀られている。全国に東照宮はたくさんあるが、戦国の三英傑を同時に祀っているのは、ここだけしかないという。

余談で面白いのは、社殿の側面に「日光東照宮」の柱に見られる「逆さ葵」が隠されていること。逆さにしているのは、「完成は崩壊のはじまり」という思想に基づくと云われているが、久能山東照宮には、このほかにも「失敗」あるいは「間違い」と思える箇所が幾つか存在しているらしい。

久能山東照宮 オフィシャルサイト

アクセスについて

久能山東照宮へは2つのアクセスルートがあるが、車道が通じていないため、マイカーで門前まで行くことはできない。

多少お金はかかるものの、しんどい思いをせずに済むのは、所要時間約5分の日本平ロープウェイを使うことだ。理由は下の写真を見ればよくわかる。

ロープウェイがなかった時代は、この海側から続く石段を歩いて登るしかなかった。石段は17の曲がりがある1159段で、数字にちなんで「いちいちご苦労さん」と呼ばれているらしい(笑)。なだらかな坂なので比較的登りやすいと云うが、約20~30分ほどはかかるとのこと。

なお、石段にチャレンジする方は「ご利益商店街」にあるお土産屋さんの駐車場が利用できる。駐車料金は1日500円ほど。コストを優先するならこちらになる。

日本平ロープウェイ オフィシャルサイト

料金
大人往復1,100円(片道600円)
運行時間
夏季(4/1~10/15) 9:10~17:00 9:30~17:15
冬季(10/16~3/31) 9:10~16:00 9:30~16:15

運転は通常10分間隔、15時からは15分間隔の運転になる。

富士山Contents

よくわかかる、世界文化遺産「富士山」

世界文化遺産「富士山」の見どころ 一覧

富士山周辺の車中泊スポット 一覧

富士山 全記事リスト

スポンサードリンク