世界文化遺産「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」の象徴。富士山本宮浅間大社

噴火を繰り返していた富士山を鎮めるために建立された歴史を持つ「富士山本宮浅間大社」(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ)は、全国に約1300社ある浅間神社の総本宮だ。

本殿は富士宮市内にあるが、富士山8合目以上も所持しており、山頂には奥宮が鎮座する。7・8月の開山期には神職が奉仕し、登山者の安全などを祈願するほか、お札やお守り・御朱印の授受なども行なっており、世界文化遺産「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」の象徴的存在と云っても過言ではない。

ちなみに富士山は、7合目から下の部分については、静岡県と山梨県の県境が決められているが、8合目以上については富士山本宮浅間大社の敷地ということで、地図上にも県境は記載されていない。ただし山頂の山小屋の郵便番号は、便宜上、静岡県側の〒418-0011になっている。

さて。富士山本宮浅間大社の歴史を辿ると、806年に平城天皇の命を受けた坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が、山宮浅間神社の神様を現在の場所に移し、壮麗な社殿を建てたのが始まりとされている。

平安時代から江戸時代にかけては、朝廷や武将など時の権力者達から信仰を集めるようになるが、中でも徳川家康は熱心で、関ヶ原の合戦の戦勝を記念して、1606年(慶長11年)に現在の楼門と、「浅間造」という独特の神社建築様式を持つ本殿を寄進している。

もっとも、富士山はそれ以前から駿河一円を支配する徳川家の土地だと認識されており、八合目以上はこの時いっしょに富士山本宮浅間大社に寄進された。

「富士講」と呼ばれる富士山を崇拝する民間信仰が現れ、庶民の信仰が篤くなるのは江戸時代中期以降で、信仰としての富士登山が盛んになり、それに呼応して富士山本宮浅間大社への参拝客も増大する。

明治時代には社格が官幣大社に昇格し、1982年には浅間神社の総本宮にふさわしい、現在の「富士山本宮浅間大社」へと改名された。

意外だったのは、本殿に祀られているのが木花之佐久夜毘売命(このはなさくやひめのみこと)という女神樣だったことだ。本名は葦津姫(カヤツヒメ)で、天照大御神の孫・ニニギノミコトの妻である。ゆえにご利益は、安産・縁結びなど女性にちなんだ内容となっており、御神木も桜の木だ。

さっきまでの勇猛な話とはずいぶん違っている気がしないでもないが(笑)、ちなみに富士山本宮浅間大社の御神体は富士山。日本の神社は、祀神と御神体が別物になっている。

最後は、国の特別天然記念物に指定されている「湧玉(わくたま)池」について。富士山本宮浅間大社の境内に昔からある湧玉池は、富士山の雪解け水が何層にもなった溶岩の間でろ過され、湧き出でている水源で、古来はこの霊水で身を清めてから富士登山をする風習があった。

富士山本宮浅間大社 オフィシャルサイト

すぐ近くには、静岡県富士山世界遺産センターがあるので時間があれば、一緒にまわると面白い。

富士山Contents

よくわかかる、世界文化遺産「富士山」

世界文化遺産「富士山」の見どころ 一覧

富士山周辺の車中泊スポット 一覧

富士山 全記事リスト

スポンサードリンク