富士山スカイライン&御殿場口新五合目 紅葉ドライブガイド

「富士山スカイライン」は、静岡県側の南麓を東西に走る無料の山岳道路で、正式名は「表富士周遊道路」。富士宮市と御殿場市を結んでおり、総延長約34.5kmの全線が、23号・152号・180号の県道に指定されている。

富士山スカイラインには、「周遊区間」と「登山区間」がある

実は「富士山スカイライン」は途中で道が分岐しており、マップの緑で示した従来の「周遊区間」と、「富士宮口五合目」に通じる赤の「登山区間」の2つに分かれている。と一般的には紹介されている。

ということは、旅人にはウェブサイトや雑誌に掲載されている「富士山スカイライン」の話が、そのどちらのものかを見極める手間がかかるということだ。

さらに旅人目線からすると、「富士山スカイライン」にはもうひとつ「御殿場口新五合目」に向かう黄色のルートが存在する。

筆者の経験からすれば、富士登山をしない旅行者にとって、この「第三のスカイライン」こそが大事なわけだが、それについては最後に詳しい話をするとしよう。

紅葉ドライブに適しているのは「周遊区間」

「周遊区間」は富士宮市と御殿場市を東西に結ぶ約21.5kmの区間で、例年10月中旬~11月上旬に紅葉の見頃を迎える。

落葉樹林の中を走るため、富士山頂はほとんど見えないが、紅葉メインのドライブを楽しみたい人にはこの道がお勧めだ。途中には紅葉がトンネルのように道を覆う箇所もある。

なお、途中にあるクルマが停められる展望場所は「水ヶ塚公園」。ここは「登山区間」にマイカー通行規制がかかる夏は、「富士宮口五合目」行きのシャトルバス乗り換え駐車場に指定される。

ちなみに、御殿場から県道23号で「富士山スカイラン」に合流する途中には、本州最大規模を誇る陸上自衛隊の東富士演習場がある。

多少大回りになるが、ツアー旅行では知ることのできない、世界文化遺産・富士山の「意外な一面」が見られるという意味では面白い。

「登山区間」には、強烈なワインディングが待っている

富士市大渕にある富士山二合目の分岐から、標高2,400mの「富士宮口五合目」までのおよそ13kmが「登山区間」だ。

ちなみに「富士山表口五合目」とは「富士宮口五合目」のこと。「富士山スカイライン」と「表富士周遊道路」もそうだが、同一地点に複数の名称を残したままにされるのは、他府県からの旅行者・登山客には迷惑千万。調べごとが増える要因だ。

さて。ご覧の通り「富士山スカイライン・登山区間」の道中は、「九十九折」の登りが続く。

ライダーにはたまらないワインディングかもしれないが、重量のあるキャンピングカーはスピードが上がらず、自らが「渋滞の原因」になりやすい。またミニバンは「クルマ酔い」を招きやすく、同乗者がいる場合は気遣いも必要だろう。

途中には「高鉢駐車場」と「七曲り駐車場」があるものの、収容台数は少なく、景観もそれほど素晴らしいとは思わない。

ゴールの「富士宮口五合目」には、駐車場のほかに売店と食堂がある。だが、規模・見栄えともに山梨県側の「吉田口五合目」には遠く及ばない。

「行く人の立場によって、良し悪しは違ってくる」ことを承知の上で書くが、残念ながら「富士山スカイライン・登山区画」は、キャンピングカーにとって「タダほど怖いものはない道」でしかなく、「富士宮口五合目」は「苦労に見合うもののない場所」だ。

よほどの理由がない限り、有料でも山梨県側にある「富士スバルライン」を選んだほうが後悔はしないだろう。

ただ、もしかすると… 静岡県はそれを狙っているのかもしれない。

正直なところ、富士山に登る気のない人が、ここまで来ることを歓迎していないようにも思える。そもそも観光客が、わざわざこの程度の景色をはるばる見に来る必要があるのだろうか? 話の展開からすれば、答えは云うまでもあるまい(笑)。

では、富士山を静岡県側の中腹から見たい人は、どこを目指せばいいのだ?

観光に適した静岡県側の富士五合目は、御殿場口新五合目

冒頭で「第三のスカイライン」と書いた「御殿場口新五合目」へ通じる道路は、勾配はきついが、「富士宮口五合目」までの道のりに比べれば、カーブが少なく分岐からの距離も短い。

それでいて見える景色に大差はないのだから、観光客には都合がいい。

しかも標高1,440mの「御殿場口新五合目」は、「富士宮ルート」に比べて約1,000mも低い地点にあるため、登山者には人気がない。そのため道中も駐車場も空いていて、夏のマイカー規制も実施していない。

現地には、売店の「富士急小屋ハーフマウンテン」があるだけだが、登山道を15分ほど登ると大石茶屋があり、登山シーズンの7~8月であれば食事ができる。登山道は砂で滑りやすいが、観光客でも登れる距離だ。

なお、駐車場の近くにはトイレがあるので車中泊は可能だが、一番下の未舗装エリアは自衛隊専用のスペースで、この日はキャンプで訓練をしていた。そういう日に当たれば、安全は確実に担保されるだろう(爆)。

富士山五合目ドライブガイド

観光客に一番お勧めの富士山五合目はどこ?

富士スバルライン 紅葉ドライブガイド

富士山スカイライン&御殿場口新五合目 紅葉ドライブガイド

幻の滝が見られる 初夏の須走口五合目

【富士山関連コンテンツ】

よくわかかる、世界文化遺産「富士山」

スポンサードリンク