南禅寺は、京都市内の貴重な無料の紅葉撮影スポット

南禅寺は日本最初の勅願禅寺で、京都五山、鎌倉五山のさらに上位に位置する「別格」扱いの寺院となっており、日本全国の禅寺の中で、もっとも高い格式を持つ。

と、ほとんどのガイドページはWikipediaから引用しているわけだが、たぶん書いているライターも、その意味をよくわかっていないと思う(笑)。

とりあえず勅願寺(ちょくがんじ)とは、天皇、上皇の発願によって、国家鎮護、皇室繁栄などを祈願するために創建されたお寺のこと。開基(創立者)は亀山法皇で、○○上人と呼ばれるような高僧が、仏様のお告げを受けて建立したのではなく、現代風に云えば「国立のお寺」ということになる。

ただ残念なことに、度重なる火災で、創建当時の姿はほとんど残っていない。また有名な石川五右衛門の「絶景かな」も、歌舞伎の中の「作り話」だ。

ついでに「五山」とは、鎌倉時代末期に北条氏が南宋にならって導入した、臨済宗の寺院格付制度のこと。ゆえに「京都五山」よりも、「鎌倉五山」のほうが歴史的には古い。

京都では後醍醐天皇の「建武の新政」以降に導入されたが、最終的には足利尊氏により、南禅寺・天竜寺・相国寺・建仁寺・東福寺・万寿寺という寺格に設定された。

「東福寺」のページにも記載しているが、寺院の由緒はその公式サイトを見るのが一番で、仏心もない筆者ごときが語ったところで、面白くも、ありがたくもないし、なによりこのサイトには、「そんなことは期待されていない」と思う(笑)。

南禅寺 オフィシャルサイト

知りたいのは、南禅寺は「フォトジェニック」なスポットであるかどうか… 

それはこの3枚の写真から判断できると思うが、答えはYesだ。

ただし「紅葉撮影」にお勧めなのは、三門や水路閣がある境内であって、拝観料の必要な法堂や塔頭の中ではない。

実際に見ていないのでなんとも云えないが、写真を見るかぎりは、拝観料を支払って「南禅院」や「天樹院」の庭の紅葉を愛でるなら、嵯峨野の「天龍寺」か、世界遺産の「龍安寺」まで足を運ぶほうが良さそうだ。

我々には「ベッド付きのマイカー」があるのだから、妥協することはない。せっかく京都に来たのだから、できれば「一番」と呼ばれるものを見て帰られてはどうかと思う。

余談だが、今は「フォトジェニック photogenic」=写真写りが良い・写真向きのことを、もはや「インスタ映え」と直訳するらしい。

このままだと、うちの孫娘が喋れるようになる頃には、「美味しそう」とか「べっぴんさん」も、全部「インスタ映え」になってしまうかもしれない(笑)。

「うわあ、このうどん、インスタ映えやわぁ~!」「みてみて、あの娘、インスタ映えしてへん?」 還暦間近のおっさんは、アホらしくてついていけない(爆)。

「永観堂」って、どうよ?

さて。南禅寺から哲学の道に向かう途中にあるのが、東福寺と並ぶ紅葉の名所、「永観堂」こと禅林寺だ。

撮影ポイントは放生池周辺とされているが、雑誌やウェブで見る高台からのアングルは、ドローンを使っているのかもしれない。

苔の上に広がる落葉の絨毯も、永観堂の鉄板アングル。

筆者はこれまでに3度訪ねているが、2013年以降は遠ざかっている。理由は拝観料が1000円に値上げされたからにほかならない。

ちなみに2018年現在でも、普段は600円だが、紅葉シーズン(11月3日(土) ~ 12月2日(日))は、「寺宝展」と題して1000円になる。

永観堂公式サイト

紅葉が美しいかどうかは別として、筆者が問題視しているのは、ほとんどの京都の紅葉紹介サイトが、そこをちゃんと調べていないこと。

つまり書き手が「現地に足を運んでいない」なによりの証拠だ。

名刹と紅葉のコラボが撮りたい筆者にとって、永観堂は撮れるアングルが少なく、拝観料との折り合いがつかない。裏返せば、「寺宝に関心のないお客は来なくていい」ということなのだろう。

「哲学の道」は、すべて歩かなくてもいい。

「哲学の道」は、哲学者の西田幾多郎が、この道を歩きながら思いにふけったことからそう呼ばれるようになった疎水沿いの遊歩道で、若王子橋から銀閣寺まで、約1.5キロにわたって続いている。

ここで大事なのは、写真のような紅葉並木が、全域にわたって続いているわけではないということ。紅葉区域は点在しており、極端な話、こういうロケーションを1ヶ所見れば、あとは同じだ。

加えて銀閣寺だが、どのガイドブックでも大きく取り上げていないのは、世界遺産と云えども、紅葉に関しては「名所」と呼ぶほどではないからだろう。

それからすると、帰路を加味したうえでの散策コースは、永観堂から若王子橋に進み、哲学の道を桜橋辺りまで歩いたら、白河通りに出て、真如堂か金戒光明寺に立ち寄って戻る。というのがベターであることが見えてくる。

真如堂はメジャーな寺院ではないが、境内には燃えるような赤に染まるカエデの木があり、写真を撮る人の間では、ちょっと知られた存在だ。

【京都】Contents

車中泊旅行者がいちばん知りたいのは、 京都市内をクルマを持て余さずに観光する方法

京都を愉快に旅する秘訣

世界文化遺産「古都京都の文化財」

車中泊で楽しめる「京都のお花見スポット」5 選まとめ

車中泊で楽しめる「京都の紅葉狩りスポット」5 選まとめ

京都市内の見どころ一覧

京都の名店と名物グルメ 一覧

京都市内の観光事情とお勧めの車中泊スポット7選

スポンサードリンク