車中泊もできる城崎温泉の穴場観光スポット「玄武洞公園」

玄武洞は、まさに「行ってビックリ!」の穴場観光スポットだった。

山陰海岸ジオパークの「隠し玉」とも言える玄武洞公園には、たとえ地質学の知識がなくとも、学術的価値が高い場所だということが分かる光景が広がっている。

約160万年前の噴火で流出した溶岩の造形は「柱状節理」と呼ばれ、河川による侵食でその岩塊がむき出しになったというが、まさに「神業」としかいいようのない、みごとな石柱の配列だ。

柱状節理は切り出しやすく、早くから採掘されてきた。岩塊に残るこの洞窟は、そのために作られた坑道と跡地である。

江戸時代後期の1807年(文化4年)に、幕府の儒学者・柴野栗山がここを訪れ、伝説上の動物の姿にたとえて、「玄武洞」と名付けた。

公園内には国の天然記念物である玄武洞のほか、青龍洞・白虎洞・南朱雀洞・北朱雀洞と名付けられた洞窟が、見学しやすいよう整備されている。

中でもとりわけインパクトのある造形は、この「青龍洞」だろう。

風がなければ下の小さな池が鏡となり、さらに不思議さが増して見える。なお撮影には巡光の午前中がお勧めだ。

ここで切り出された玄武岩は、周辺地域で漬物石や石材として使われており、公園内はもちろん、城崎温泉の大谿川護岸や、豊岡の石積みでも見ることができる。

ちなみに「玄武岩」の名称は、明治17年(1884年)に東京大学の地質学者・小藤文次郎が岩石の日本名を制定する際に、玄武洞の名に因んで命名している。

またここは第四紀における地球磁場の逆転が世界で初めて発見された場所であり、その研究結果は、後の地質学の発展に大きく貢献したとされる。

玄武洞公園は今話題のパワースポットにもその名を連ねているようだが、まさに磁場が働く正真正銘の場所。未来ある子どもたちに、そのパワーが宿ってくれることを期待しよう(笑)。

※第四紀:地質時代の一つで、258万8000年前から現在までの期間。

ちなみに、玄武洞公園は入場も駐車も無料。その前に建つ「玄武洞ミュージアム」の裏手には、屋外トイレがある広い駐車場もあり、車中泊も可能だ。

なお、玄武洞ミュージアムは2018年3月に全面リニューアルされている。詳しくはオフィシャルサイトで確認を。

玄武洞ミュージアム オフィシャルサイト
兵庫県豊岡市赤石
☎0796-23-3821
営業時間9:00~17:00

城崎温泉 車中泊旅行ガイド 目次

城崎温泉の概要

外湯めぐりの秘訣と入湯レポート

城崎温泉街の見どころと食べどころ

城崎温泉周辺の見どころ

城崎温泉の駐車場&車中泊事情

車中泊スポット一覧 

全記事リスト

スポンサードリンク