出石皿そばの特徴と、出石皿そば巡りの留意点

「皿そば」でお馴染みの「出石そば」は、「挽きたて・打ちたて・茹がきたて」の”三たて”を信条とする伝統食だが、その歴史は江戸時代中期の1706年(宝永3年)に、出石藩主が松平氏から信州上田藩の仙石氏(仙石政明)に国替えされたことから始まる。

その際に家臣と共に随伴したそば職人が、出石に「そば切り」の技術を持ち込んだとされているが、いわゆる「皿そば」になったのは幕末以降のようだ。

屋台で出す時に、持ち運びが便利な手塩皿(てしょうざら)に蕎麦を盛って提供したことが、そのきっかけになったと云われている。それから出石焼が生まれ、現在の白地の小皿に盛る様式が確立されていった。

近畿屈指の蕎麦処と云われる出石には、お城の周りを中心におよそ50軒もの蕎麦屋がひしめきあっている。お皿には各店固有の絵付けがされており、それを見るのも「通な楽しみ方のひとつ」らしい(笑)。

出石皿そばの特徴

「皿そば」は「五枚一組が一人前」。ダシはカツオとコンブからとり、薬味は玉子・とろろ・ねぎ・大根おろし・わさびを使うのが基本。

かつては蕎麦の実を丸挽きにした茶褐色の麺を、白い出石焼のお皿五枚に小分けし、蕎麦猪口に玉子を入れ、徳利に入った蕎麦つゆを注いで食べたというが、現在は蕎麦の挽き方も食べ方も、店によって多少はアレンジされている。

出石皿そばの食べ方

  1. つゆをお猪口に注ぎ、つゆの旨みを味わう。
  2. まずそばとつゆだけで麺を味わう。
  3. 次に薬味としてねぎ、わさびでさっぱりと頂く。
  4. 山芋、卵で違った美味しさを味わう。
  5. 最後は、そば湯で〆る

なるほど、「うなぎのひつまぶし」によく似ていると云われるわけだ。

ちなみに出石では、皿が箸を立てた高さになるまで食べるのが「そば通」とされるらしい。煽るねぇ~(爆)

出石皿そば巡りは、食べられる枚数に注意!

確かに50軒もの店が揃う「出石皿そば」には、「讃岐うどん」と同じように「食べ比べ」がしたくなる一面がある。しかし「小盛り」というメニューが定着している讃岐とは違い、こちらは1日3軒食べ歩くのはちょっと苦しい(笑)。

ということで、出石では「出石皿そば巡り」というキャンペーンを独自に発案し、実施しているのだろう。通常なら一人前が800円以上する行列店の皿そばが、3軒まわって1800円というのは明らかに安いし、「食べ比べ」向きに見える。

だが、そこには讃岐と異なる「落とし穴」があるので注意が必要だ。

まず「出石皿そば」は、通常1人前が5皿になっているが、「出石皿そば巡り」を利用すると永楽通宝1枚で3皿しかでてこない。満腹にならないようにとの配慮だろうが、合計9皿では本気で蕎麦が食べたい男性には「話にもならない」はずだ。

しかも永楽通宝の利用は1軒につき1枚限りとなっており、行列店を狙うなら、1軒目はともかく2軒目からは並んで食べることになる。

確かに、通常通りの5皿を食べると2軒で十分という人もいるだろう。しかし、少し前に書いた「出石皿そばの食べ方」を、もう一度思い出してほしい。

このやり方では、実質的は2.3口ほどで終わる「皿そば」を、1皿づつ違う食べ方をしなければ、「基本通り」に味うことができない。

2軒目から並ぶのは讃岐でも同じだが、「讃岐うどんの食べ比べ」は、「あつあつ」「ぶっかけ」「釜揚げ」など、「異なるうどんの食べ方をさせてくれる店」を周るのが普通。だが、出石は「同じ店で異なるそばの食べ方を楽しむ」ところに意味がある。つまり、「食文化」の観点から見ても、両者は似て非なるものだ。

そう考えると、このキャンペーンは独自性を見失っているようにも見える。

出石皿そばを食べ比べしたいなら、筆者は一軒づつ「正しい食べ方」で楽しむほうがいいと思うし、食レポもきちんとしたものが書けるだろう。おまけに10皿食べても、1800円よりは安くつく(笑)。

出石Contents

出石の概要と車中泊事情

出石皿そばの行列店

出石 全記事リスト

城崎温泉を含む、但馬全域の情報はこちら

スポンサードリンク