出石城の歴史と見どころ

出石城の系譜は、戦国時代の1574年(天正2)に但馬国守護の山名祐豊が、有子山(ありこやま)山頂を天守とする「有子山城」を築いたことに端を発する。

しかし1580年(天正8年)、毛利氏方として織田軍の羽柴秀吉と戦い、「有子山城」は落城、山名氏は滅亡する。

その後紆余曲折の末、小出吉政が城主を務めることになるが、ほどなくして関ヶ原の戦いを迎える。小出氏は真田氏と同じように家名存続のため、吉政が西軍、弟の秀家は東軍に分かれて戦に望むが、秀家の功績により、吉政の西軍への加担は問われず、出石の領土は安堵された。

それを受けて1604年(慶長9年)、小出吉英は有子山城山麓の郭(くるわ)および館のみを「出石城」と命名し、幕府に居城として届けた。それにともない、平地に堀で囲まれた三の丸が築かれ、同時に城下町も整備され、現在の出石の町並みが形成されたという。

城主の変遷を見ると、1696年(元禄9年)に小出氏は嫡男を失い、無嗣改易となる。代わって武蔵国岩槻の松平忠周(まつだいら ただちか)が入城するが、1706年(宝永3年)に上田藩転封となり、入れ替わりで仙石政明が城主となった。その後は廃藩置県まで仙石氏の居城となる。

ちなみに、幕末には「江戸時代の三大お家騒動」のひとつとも呼ばれる「仙石騒動」が起きているが、話が長くなるので割愛する。

さて。明治時代の廃城令により、出石城は取り壊されたが、辰鼓楼、堀、石垣などは運良くその難を逃れた。

現在は隅櫓(すみやぐら)・登城門・登城橋の復元にあわせて、堀の周囲一帯が「登城橋河川公園」として整備され、出石観光の中心地になっている。また2017年(平成29年)には、有子山城とともに「続日本100名城(162番)」に選ばれた。

お勧めの時期は11月

出石城は紅葉スポットととしても有名だ。

とりわけ美しいのが写真の稲荷参道。37の朱鳥居と、鮮やかに染まった紅葉のトンネルを通り抜けると、城下町を眺望できる稲荷台に到達する。

紅葉は例年11月中旬頃にピークを迎える。ライトアップも行われるので、車中泊で夜に訪れるのも悪くない。またこの時期には、新そばも味わえる。

出石Contents

出石の概要と車中泊事情

出石皿そばの行列店

出石 全記事リスト

城崎温泉を含む、但馬全域の情報はこちら

スポンサードリンク