民謡のふるさと「五箇山」の見どころと、世界遺産に登録された2つの合掌集落

五箇山は岐阜県との県境に近い富山県の南砺市にあり、白川郷とは車で30分ほど離れている。その相倉地区と菅沼地区にも合掌造りの集落が残っており、1994年にまず国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された。

白川郷が重要伝統的建造物群保存地区に選定されたのは1976年… 

同じ合掌集落でありながら、遅れること約18年。今は世界遺産として「ひとくくり」に見えるが、そこまでの足取りにはかなりの違いがある。

例えば、白川郷では養蚕が中心産業だったが、加賀藩の統治下にあった五箇山では、江戸時代に火薬の原料となる塩硝作りが盛んに行われ、それを現在に伝える家屋が残る。

写真は、天領であった白川郷に、加賀藩の権威を見せつける為のものであったと云われる「岩瀬家」の屋敷。歴史を辿ると面白い逸話に出会うものだ(笑)。

岩瀬家の詳細ページはこちら。

さらに五箇山の歴史を遡ると、平家の落人が住み着いたという話や、南北朝の内乱期に吉野朝遺臣によって地域文化が形成されたという史実が浮かんでくる。

五箇山が民謡の宝庫と呼ばれ、発祥や伝播の経緯が定かでないものが数多く存在するのは、そういった背景によるものだろう。

<画像出展:村上家公式サイト>

中でも代表的な「こきりこ節」と「麦屋節」は、1973年に国の選択無形民俗文化財に指定され、当時の五箇山は合掌造りよりもむしろ、民謡で広くその名を知られていた。

岩瀬家と同じく「飛越峡合掌ライン」沿いに建つ「村上家」では、毎年9月25日・26日に行われる「五箇山こきりこ祭り」に行けなくても、「こきりこ踊り」を鑑賞することができる。

村上家の詳細ページはこちら。

ちなみに「こきりこ節」を歌って踊る際に用いる民俗楽器の「こきりこささら」は、「道の駅 上平」の民芸品店で手に入る。

菅沼集落

さて、ここからは世界遺産の構成要素である、2つの「合掌集落」の話に入ろう。

写真の「菅沼集落」は庄川の谷あいにせり出した平坦地にあり、南北約 230 m、東西約 240 m の広場的空間である。三方を庄川に囲まれ、残る一方は雪持林(ゆきもちりん)の茂る急斜面で、国道からもその様子が見渡せる。

菅沼集落の詳細ページはこちら。

相倉集落

白川郷からは40分近くかかる山間にあり、国道から集落は見えない。山里の情緒を保ちながら、コンパクトにまとまった相倉地区の保存エリアには、民宿と食事処が目立たずにあり、ゆったりとした気分で建物を見て歩くことができる。

相倉集落の詳細ページはこちら

最後に、五箇山に古くから伝わる伝統食と、それを今に伝える店をご紹介。車中泊でも食べられると思うので、豆腐が好きな方はぜひお試しを(笑)。

五箇山豆腐と喜平商店の詳細ページはこちら

世界遺産「白川郷・五箇山の合掌造り」Contents

白川郷ヒストリー
合掌造りとは…
白川郷の見どころ
五箇山の見どころ

白川郷・五箇山の車中泊事情
白川郷・五箇山の車中泊スポット 一覧

白川郷・五箇山 全記事リスト

2019年版の最新情報を情報を盛り込んだ、詳細で実用性の高いガイドです。

スポンサードリンク