国道156号から全容が見渡せる、五箇山の世界遺産「菅沼の合掌集落」

菅沼集落は庄川の谷あいにせり出した平坦地にあり、南北約 230 m、東西約 240 m の広場的な空間だ。三方を庄川に囲まれ、残る一方は雪持林(ゆきもちりん)の茂る急斜面になっている。

集落には現在12棟の家屋があり、そのうち9棟が合掌造り。江戸時代末期に造られたものが2棟、明治時代に建てられたものが6棟、最も新しいものは大正14年に建てられており、この頃まで合掌造りが建築されていたことが伺える。

東海北陸自動車道の五箇山インターからアクセスが良いのは、相倉よりこちら。500円の有料駐車場から集落へはエレベーターで昇降できるようになっている。

保存エリアには塩硝の館や五箇山民族館もあり、生活文化に興味のある方にはお勧めだが、風景写真の撮影には、ロケーション豊かな相倉集落のほうが適している。

里山らしい民芸品を売る店もある。

 なお、国道156号の「菅沼集落バス停」の近くには、狭いながらもクルマを停車できるスペースがあり、ここから50メートルほど戻ったところから、菅沼集落全体を見渡せる。

世界遺産「白川郷・五箇山の合掌造り」Contents

白川郷ヒストリー
合掌造りとは…
白川郷の見どころ
五箇山の見どころ

白川郷・五箇山の車中泊事情
白川郷・五箇山の車中泊スポット 一覧

白川郷・五箇山 全記事リスト

2019年版の最新情報を情報を盛り込んだ、詳細で実用性の高いガイドです。

スポンサードリンク