綱でも持てる「五箇山豆腐」と、その老舗「喜平商店」

白川郷とともに合掌造りの世界文化遺産に登録されているのが、隣県の富山県にある五箇山地区だ。

今日はその五箇山に伝わる伝統食の「五箇山豆腐」と、それを今に伝える老舗を紹介しよう。

五箇山豆腐の特徴は、なんといってもその硬さにある。

縄で持ち上げても崩れないことから、テレビでも何度か取り上げられており、ご存知の方が多いかもしれない。ただこの堅い豆腐は、もともと岐阜県や石川県の白山周辺の山間地でも食されていたものらしい。

合掌造りといえば、岐阜県側の白川郷が昔から圧倒的に有名だ。

アルペンルートや富山湾という人気観光地を有する富山県にすれば、五箇山は実に地味なる存在で、白川郷と同じような伝統を残しながらも、宣伝不足がたたり、観客動員数では大きな後れをとっていた。

しかし世界遺産への登録が決まると、そのままというわけにもいかなくなった…

そこで何かPRできるものはないかということで、地元の商工会が着目したのが、郷里の伝統食と呼べる「この固い豆腐」だった。

幸いなことに、昔のままの製法を営む店が五箇山に残っていたのだ。

この「喜平商店の豆腐」に、「五箇山」を冠を載せてPRしたのが、「五箇山豆腐」と呼ばれるようになった所以らしい。現在は「演出」として縄でしばってくれるのだが、ポリ容器やビニール袋のない時代には、実際にこうやって持ち運びをしたという。 

「喜平商店」では、澄んだ水と厳選された地場の大豆にこだわり、3代にわたって受け継がれてきた「五箇山とうふ」が手に入る。誰にでもわかる大豆本来の濃厚な味わいを、ぜひ一度味わってみていただきたい。

ただし冷奴で食べるのは、味見程度にとどめておくほうが無難だ。

硬さといい、大きさといい、一丁全部を生で食べるのは苦しい。そのうえ、もそもそとした食感は豆腐というよりオカラに近いだけに、なおさらだ(笑)。 

しかし…不思議なことに焼くと、柔らかくなり旨みも増す。

筆者は田楽味噌で食べたのだが、これはもしかすると一番美味い食べ方かもしれない。地元では、他にも湯どうふ、揚げだし、生揚げ、あるいはコトコトと煮しめにして食べる風習があるという。

ちなみに、喜平商店の五箇山とうふは「道の駅 上平」の売店でも手に入る。

本店とは違って、パック入りで少し小ぶりのサイズになっており、夫婦で食べるならこちらの方がお勧めだろう。

五箇山とうふ工房「喜平商店」
〒939-1914富山県南砺市上梨608
☎0763-66-2234
営業時間:7:00~19:00

世界遺産「白川郷・五箇山の合掌造り」Contents

白川郷ヒストリー
合掌造りとは…
白川郷の見どころ
五箇山の見どころ

白川郷・五箇山の車中泊事情
白川郷・五箇山の車中泊スポット 一覧

白川郷・五箇山 全記事リスト

2019年版の最新情報を情報を盛り込んだ、詳細で実用性の高いガイドです。

スポンサードリンク