厳冬期の上高地 アクセス&車中泊事情

4月~11月の開山期間中は、約150万人もの観光客が訪れるという上高地だが、ホテルや山小屋の営業が終わり、釜トンネルのゲートが固く閉ざされる雪の季節になると、様子は一変。

本来の気難しい山の気質をむき出しにした、北アルプスの砦の姿が戻ってくる… 

真冬の上高地へのアクセス方法

マイカーで行く場合は、クルマを長野県側の沢渡にある「松本市営第二駐車場」か、岐阜県側の「平湯バスターミナル」に置き、路線バスかタクシーで釜トンネルまで行くことになる。

釜トンネルから河童橋までの往復は約6時間。関西や関東から行くなら、通常はどこかで宿泊が必要になる。

厳冬期であることと、公共交通機関の利用者が少ない時期であることを考慮すれば、近くの宿泊施設を利用するのが安心。一部のペンションでは、ほぼ希望の時間に送迎してもらうことも可能だ。

ちなみに筆者が1回目に利用した沢渡のペンション「しるふれい」は、朝は6時半から送迎してくれる。このペンションではスノーシューのレンタルも可能だ。

もちろんオーナー自身が、宿泊客対象のガイドツアーを実践しており、現地の情報にも詳しく、的確なアドバイスが受けられる。

なお、ツアーに参加するのはいいが、写真を撮りながら歩くと、どうしても遅れがちになり、他の参加者の迷惑になりやすい。

撮影が目的なら、まずは気候の良いシーズンに何度か上高地に足を運び、あらかたの地理と距離感を把握してから、フリーで冬の上高地へ入るほうがいいだろう。

厳冬期の上高地の車中泊事情

車中泊をする場合は、入浴や食事などの利便性を考えると、岐阜県側の「平湯バスターミナル」の利用がお勧めだ(一応、許可を受けた方が安心)。なお、「あかんだな駐車場」は、この時期は終日閉鎖している。

※2016年2月 更新

以前は平湯バスターミナルの駐車場にあるトイレが、冬季も24時間利用できたが、この時は閉鎖されていた。そのため、代わりにバスターミナルの中のトイレが、夜は10時頃まで、朝は7時前くらいから利用できるようにしてあった。

またかつては、平湯観光案内所の隣にあるタクシー乗り場に、冬季も待機車がいたが、現在はいない。

そのため平湯からのタクシー利用には高額な配車料金が発生するため、事実上利用できないのと同じだ。

この時期に平湯から上高地に行くには、「平湯バスターミナル」から松本行きの路線バス(中の湯で下車・料金は片道560円)に乗るのがいい。ただし、始発は8時50分。帰りは3時20分に乗車しないと、次は最終便の18時20分まで便はない。

いっぽう長野県側の沢渡は、足湯のある「松本市営第二駐車場」が無料解放されている。2月でも足湯が利用可能だったのには驚いたが、周囲は除雪はされていない。

宿泊施設「しおり絵」側の雪は片付けられているが、そこからトイレまではけっこう距離がある。

なお、沢渡はタクシーが新島々駅から配送されるので、友人と相乗りするなら、さほど高くつかないだろう。タクシーの利点は、現地の滞在時間が自由であることだが、帰りのピックアップの予約を忘れないようにしておこう。下車する際におおよその帰還時刻を伝え、上高地側の釜トンネルに入る前に確認の電話入れるのがセオリーだ。

新島々駅前アルピコタクシー営業所
電話での予約は0263-27-8191

上高地スノー・ウォーキングのコースガイドと必需品

厳冬期の上高地 アクセス&車中泊事情

上高地スノー・ウォーキングレポート(2016.2)
※ドットヒャッケイに寄稿

【参考ページ】

車中泊の寒さ対策

失敗しない、凍結道路と雪道の走り方

紅葉の涸沢や槍ヶ岳登山の情報もあります。

スポンサードリンク