スポンサーリンク

滋賀県名物の「サラダパン」を、もっと美味しく食べる方法

滋賀

「サラダパン」は、滋賀県長浜市木之本町にある「つるやパン」のオリジナル商品で、当初は無名に近いローカルフードだったが、「ご当地グルメ」のブームにより、滋賀県の変り種パンとしてマスコミに取り上げられるようになった。

とりわけ効いたのは2008年5月に放送された「秘密のケンミンSHOW」だろう。以降全国にその名を知られるようになり、ブログでもちょくちょくその名を見かけるようになった。

おかげで店も少しキレイになったみたい(笑)。

「サラダパン」が変わり種といわれる所以は「具」にある。少し大きめのコッペパンに挟んであるのは、なんとマヨネーズで和えた刻みたくあんのペーストだ。

当初は「サラダパン」の名の通り、マヨネーズで和えた刻みキャベツをはさんでいたそうだが、キャベツよりもたくあんのほうが食感が良く、保存も効くことから、現在の具に変更されたという。ちなみに使っているたくあんは、着色料が使われていないため白い。

実際に食べてみると、「うまい!」と声が出るほどのものではないように思う。むしろパンが大きすぎて、口に入れるとモサモサする(笑)。

しかし、ちょっと火で炙ると食感が変わる。

パンの外がカリッとすることで、「カリッ・ふわっ・ゴリ」という食感になり、あのモサモサ感が消えるのだ。それによってマヨネーズあえのたくあんの味が極まり、ビールにもあうようになる。

ぜひ、湖北でキャンプをされる際には、焚き火とともにサラダパンを味わっていただきたい(笑)。

サラダパンは1個140円。店頭販売のほか、滋賀県のスーパーマーケットチェーン平和堂の一部の店舗でも手に入る。またネット通販も行われているようだ。

 

琵琶湖 Contents


車中泊で旅する琵琶湖の概要はこちら

琵琶湖の全記事リスト

琵琶湖の車中泊スポット 全記事リスト

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました