琵琶湖・湖東にある長浜「黒壁スクエア」のおいしいガイド 2019年更新

琵琶湖・湖東の長浜にある「黒壁スクエア」は、伝統的建造物群を生かした「まちなか観光スポット」として、今や観光バスが途絶えることのない「不動の地位」を築いている。

その「黒壁スクエア」を散策するうえで大事なことは、ここは江戸時代から明治時代の和風建造物をリノベーションした美術館・ギャラリー、あるいはレストラン・カフェなどを、北国街道と大手門通りの交差点「札の辻」周辺に集積させた、「町おこしの産物」だということ。

つまり、創設当時から歴史的な見どころを目指してきたわけではない。

にもかかわらず、歴史に関心がある人が陥りやすいのは、「黒壁スクエア」が秀吉築城当時の「楽市・楽座」の面影を現在に残す「伝統的建造物群」だと錯覚してしまうことだ。

もちろん観光案内には、そんなことはひとことも書かれていない…(笑)。

実際にここでは、明治33年に建てられた「国立第百三十銀行跡」をリニューアルした、ガラスのアートギャラリー「黒壁ガラス館」と、チョコエッグファン必見の「海洋堂フィギュアミュージアム」が高い人気を博している。

つまり広場や通りの景観よりも、ショップが人気を支えているというわけだ。

それもあって、通りは電線が縦横無尽に張り巡らされたままで、町並みの写真を粋に撮るのは不可能に近い。

そのことを最初に理解していけば、中高年でも余計なことに腹も立たず、それなりに楽しいところだと思う(笑)。なお、一眼レフは重いだけで邪魔、むしろここではスマホのほうがここでは使いやすい。

さて。そうはいいつつ、秀吉が築いた長浜城下町の面影が、「黒壁スクエア」から少し離れた「ながはま御坊表参道」周辺にあることを突き止めてきた(笑)。

上の写真の門前町の奥に建つ「大通寺の台所門」は、長浜城の大手門を移したものと伝えられ、本能寺の変の後、明智軍が長浜城を攻めた戦の弾痕の跡が門の扉に残っている。

琵琶湖・湖東の桜の名所「長浜城」とその歴史

「黒壁スクエア」の、おいしい周り方

以上のことを踏まえて、筆者なりの「黒壁スクエア」の周り方を紹介したい。

まず駐車場だが、高さが2.4メートルまでの車両なら、JR長浜駅と「黒壁スクエア」に近い「お旅所駐車場」の利用が便利だ。料金は平日150円/1時間、土日休日は200円。普通は昼食込みで2時間あれば見て周れると思う。

なお長浜城横にある豊公園駐車場は、3時間以内なら無料で使える。黒壁スクエアまでは少し離れているが、徒歩圏内といえるだろう。

またジルクラスのキャブコンについては、入庫時に「大型車」と判定されるものの、出庫の際に清算ゲートのインターホンでその旨を伝えれば、遠隔操作で普通車扱いにしてくれるという。

詳しい内容は、こちらのブログがレポートしてくれているので参考に。

JR長浜駅には、ちょっとマニアックな銅像がある。

それは地元出身で、後に太閤の懐刀として大成していく、「石田三成」と「秀吉」の出会いのエピソード「三献の茶」をイメージしたもので、歴史に興味のある人にはそれなりに感慨深いと思う。「お旅所駐車場」からは、徒歩で5分もかからない。

さて、ここからが本番。駅からスタートした一番の理由は、この「鳥喜多」のご飯にある。写真の「かしわ鍋」と「親子丼」の美味さとコスパには脱帽した!

昼前後は行列必至だが、ここは並んででも一度は食べてみる価値があると思う。

長浜の行列店「鳥喜多」の「親子丼」と「かしわ鍋」

「鳥喜多」の前を、駅と反対方向に進んだ最初の角を左に曲がると、ほどなく見えてくるのが、このリアルな恐竜が待つ「海洋堂フィギュアミュージアム」。料金は800円だが、入場時にもらえるコインを使って、ガチャガチャでフィギアがゲットできる。

海洋堂フィギュアミュージアム オフィシャルサイト

あとは真っ直ぐ行けば、「黒壁ガラス館」に到着する。秀吉と三成の銅像に興味がなければ、ショートカットして「鳥喜多」だけ寄って戻ってきても構わない。

なお「黒壁ガラス館」については、他のウェブページに詳しい説明がたっぷりと書かれているので、ここでは割愛するが、建物の裏側にも足を運ぶといい。特に「黒壁ガラススタジオ」では、実際にガラス職人による制作風景を見学することができるそうだ。

また、ガラス製品以外のお土産を探したい人にお勧めなのは、向かいにある「黒壁AMISU」。ここでは地酒のテイスティングが無料でできる。

あとは体力にあわせて、フリータイム(笑)。

筆者の場合、若い人と外国人だらけの通りを歩くのは、あまり心地の良いものではなかった。

湖南の桜スポット 一覧

湖西の桜スポット 一覧

湖東の桜スポット 一覧

湖北の桜スポット 一覧

当時の片鱗が見られる? 信長の野望「安土桃山城」

秀吉、飛躍の舞台「長浜城」は桜の名所

露と消えた、明智光秀の居城「坂本城」

築城400年。国宝にして世界遺産候補の彦根城

琵琶湖の名城 一覧

【参考】
よく分かる、ニッポンのお城 専門用語&現存十二天守と日本100名城


車中泊で旅する琵琶湖の概要はこちら

琵琶湖の全記事リスト

琵琶湖の車中泊スポット 全記事リスト

スポンサードリンク