長浜の「黒壁スクエア」近くにある「鳥喜多」の、並んでも食べたい「親子丼」と「かしわ鍋」

あるサイトでは、「長浜で最も行列ができる店」と紹介されているのだが、それもまんざら嘘ではないと思える食事処が、1931年(昭和6年)創業の「鳥喜多」だ。

当サイトでは「黒壁スクエア」近くと紹介しているが、「黒壁ガラス館」あるいは「JR長浜駅」から歩いても、5分ほどで到着する。

さて。食べログを筆頭にどの食レポを見ても、みな異口同音に「安くてウマい!」と褒めちぎっているのが、この「親子丼」だ。

生玉子がドン!と真ん中に鎮座する親子丼を初めて見たが、玉子を割ってマゼマゼしても、しっかりつゆの味がノッている。かといって、生玉子のついてない部分の味が濃いかと云えばそうでもなく… 何やら不思議な味付けだ。ちなみに、生の黄身が苦手という人は、注文時に云うと煮込んで出してもらえる。

観光地であることを考えると、これで580円は確かに安い。ただし、女子でもペロリと平らげられる量なので、男子は単品だけだとたぶん物足りない。

実は「親子丼」以上に筆者がウマいと感じたのは、こちらの「かしわ鍋」。

レンゲにのったショウガを溶かして食べると、サッパリ感が急上昇。俄然食欲も湧いてくる。

ところで「かしわ」とは、主に西日本でいう鶏肉のことだが、地域によっては排卵を終えた親鶏の肉を指す場合があり、筆者の祖母は「かしわ」をその意味で使っていた。420円という値段からすると「もしかして」と思ったが、肉は柔らかくて弾力に満ちており、それは杞憂に終わった。

「かしわ鍋」は単品だと、アッという間に食べ終わる(笑)。

そこでライスを一緒に頼んで、最後に「茶漬け」というか「雑炊」でいただいたのだが、これがまことにウマかった! 青年男子なら「親子丼」+「かしわ鍋」+「小ライス」でオーダーしても完食できると思うので、ぜひお試しを。

それでもお勘定は1120円。なんて素晴らしい!

☎0749-62-1964
[月~金] 11:30~14:00 16:30~19:00 
[土・日・祝] 11:30~13:30 16:30~19:00
火曜定休

専用の駐車場はないが、道の向かいに1時間100円のコインパーキングがある。

なお、黒壁スクエアの観光ついでに食べるなら、以下のページを参考に。 

琵琶湖・湖東にある長浜「黒壁スクエア」のおいしいガイド 2019年更新

湖南の桜スポット 一覧

湖西の桜スポット 一覧

湖東の桜スポット 一覧

湖北の桜スポット 一覧

当時の片鱗が見られる? 信長の野望「安土桃山城」

秀吉、飛躍の舞台「長浜城」は桜の名所

露と消えた、明智光秀の居城「坂本城」

築城400年。国宝にして世界遺産候補の彦根城

琵琶湖の名城 一覧

【参考】
よく分かる、ニッポンのお城 専門用語&現存十二天守と日本100名城


車中泊で旅する琵琶湖の概要はこちら

琵琶湖の全記事リスト

琵琶湖の車中泊スポット 全記事リスト