車中泊コースガイド東日本編 最新版

日本各地を、車中泊しながらクルマで旅したい人に向けての情報をお届けします。
■ホーム
■サイトマップ
■オフィシャル・ブログ
■お問い合わせ
オートパッカー
 
 
 
 
 
■本望は、終わりのない旅
■稲垣朝則プロフィール
■主な著書と寄稿
クルマ旅先100選
■ディスカバー・ジャパン
■北海道
■東北
■関東・甲信越
■中部・北陸
■近畿
■中国
■四国
■九州
 
coleman特集
快適な安眠空間を♪車中泊を楽しもう!
防寒対策!
■データベースの利用方法
車中泊スポット
■オートキャンプ場
■SA・PA/ハイウェイオアシス
■道の駅
■無料駐車場
■有料駐車場
■RVパーク他
観光&フォトスポット
■絶景スポット
■定番観光地
■史跡・遺構・寺社仏閣
■映画・ドラマのロケ地
■その他
日帰り入浴スポット
■日帰り温泉
■スーパー銭湯
■野湯
■シャワー施設 他
グルメスポット
■レストラン・食事処
■スーパー・ショップ
■その他
コインランドリー
 
 
 
厳密には、2010年2月に発売された同名タイトルのムックが、「日本で最初の車中泊&クルマ旅のガイドブック」で、これから紹介するのはその続編にあたる
 

車中泊旅行者の、車中泊旅行者による、車中泊旅行者のためのガイドブック

 
記述スペースが無限に近いウェブと違い、書籍にはページの大きさと数に限りがある。
いくら車中泊旅行者を対象にするガイドブックとはいえ、東日本・西日本の2部編成では、都道府県別に編集された旅行誌の情報量に到底太刀打ちできないことなど、スタッフの誰もが原稿を書く前から分かっていた…
 
だが筆者には、「この本は出せば売れる」という確信があった。
その一番の根拠は、読者と同じ目線で書かれていることにある。

それに関する詳しい話は、「理想のクルマ旅」の中に記載しているので、ここでは割愛するが、代わりに「北の国から」の脚本家でお馴染みの倉本聰氏の言葉を掲載しよう。
ここには「クリエイティブの本質」が、ものの見事に言い表されている。

 
【プロデューサー】
アドベンチャーファミリー、キタキツネ物語がヒットしたので、北海道を舞台にあのようなドラマが作れないか…
【脚本家(倉本聰)】
キタキツネ物語は三年近い年月を使ってキタキツネの生育を追っている。
そのような制作体制が今のテレビドラマでできるのか。また、アドベンチャーファミリーは人間社会から隔離された北米の原野が舞台になっている。そのような舞台は北海道にはない。
【プロデューサー】
テレビの主たる視聴者は東京の人間である。北海道にそうしたフィクションの土地を置いても、東京人はそれをかえって面白く思うだろう。
【脚本家(倉本聰)】
その考えは間違っている。
板前のドラマは板前が、刑事のドラマは刑事が見て感動してくれなければ本物とは言えない。北海道を舞台にしたドラマが、北海道人に嘘だと言われたら良い作品などできるわけがない。
 

車中泊の旅には、車中泊の旅人にしか分からないことがたくさんあり、読者はガイドブックにそういうコンテンツを望んでいる。

だが、果たして過去に、あるいは現在、そういうガイドブックが日本にあるのか?
答えはNoだ。
 

「コースガイド」をコンセプトにして、少ない紙面を有効活用

 
車中泊の旅に、プロのツアーコンダクターはいない。
すなわち、旅先からスケジュール、食事、宿泊地まで、家族の誰かがプランを立てるわけだ。
それは楽しい作業には違いないが、実際にやってみると実に面倒で時間のかかる仕事である。
そこで旅のモデルプランを提供し、それに不可欠な情報に紙面の大半を費やすことにした。
極端な話、観光情報は「るるぶ」「まっぷる」を見れば事足りるし、筆者だってそうしている(笑)。
 
具体的には、紹介しているコースの「車中泊事情」と、車中泊スポットや日帰り温泉情報をまとめた「クルマ旅ナビゲーション」が、上で説明した「不可欠な情報」にあたる。
 

必ずナビゲーションでたどり着ける、車中泊スポット紹介

るるぶなどのガイドブックでこんな経験はないだろうか。
記載の電話番号でナビ検索したら、全く関係のない役場に着いてしまった…
 
地方に行けば、現地に電話がない無人の施設がたくさんあり、他誌の編集者は「電話で問い合わせる人の為に」、役場の管轄部署の電話番号を載せている。
しかし車中泊旅行者の大半は、疑うことなくその電話番号でカーナビの検索を行っている。
このぶつけどころのない怒りを、当誌の読者には味わってもらいたくないということで、温泉地を含む4冊のコースガイドでは、掲載した車中泊スポットの全施設と、観光スポットの電話番号を正確に調べ、現地に電話がない場所は、付近にある分かりやすい施設名を記載している。また車中泊スポットには、パナソニックのポータブルテレビを使う人が困らないよう、郵便番号も記してある。意外にも郵便番号は「るるぶ」や「まっぷる」には記載されていない。
※パナソニックのポータブルテレビに、郵便番号を入力しないでチャンネルサーチをさせる方法
 
車中泊コースガイド東日本編には、巻頭マップと連動し211ヶ所の「お勧め車中泊スポット」を掲載している。
 
最新決定版! 全国車中泊コースガイド 東日本編のお買い求めはこちらから…
最新決定版! 全国車中泊コースガイド 西日本編のお買い求めはこちらから…
 
 
 
 

※こちらは「車中泊コースガイド」の「車中泊コースガイド東日本編・概要」です。

車中泊コースガイド コンテンツ
■車中泊コースガイド東日本編・最新版 概要
■車中泊コースガイド東日本編・最新版 目次
■車中泊コースガイド西日本編・最新版 目次
■車中泊コースガイド・初版(2010年発売) 目次
■北海道車中泊コースガイド
■温泉車中泊コースガイド
<関連ページ>
◆車中泊専門誌カーネルに連載した寄稿の一覧
◆その他の著書・寄稿とテレビ出演
 
特集コーナー
クルマで旅する北海道
車中泊で温泉旅
京都
 
 

ホーム | 詳細プロフィール | サイトマップ |
写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。 
Copyright(C)2014 稲垣朝則 All Rights Reserved.
 
大人の車中泊
スマートにスタイリッシュに、「大人の車中泊」で自由奔放なクルマ旅を始めたい人に向けての情報発信サイトです。
データベース
日本全国の観光やフォトスポットなどの旅先と、車中泊スポット、日帰り温泉などを詳細にレポートしている有料コンテンツです。
サブバッテリー.com
電気の基礎知識と、ソーラー発電を含む、サブバッテリーシステムの車中泊利用に関する詳しい解説をしています。
Auto-Packer
フレンディー、ハイエースバン、そして現在はフル装備のバンコンで楽しむ筆者の車中泊&クルマ旅スタイルをご紹介。