車中泊の寒さ対策 ~カラダを暖める3つの方法~

そのキーワードは、ズバリ「血行促進」だ。
血の巡りが良くなれば、カラダは中から自然にポカポカしてくるが、血行促進を導くには「入浴」「食事」「マッサージ」の3つが効果的だ。ありがたいことに、大きな日帰り温泉施設やスーパー銭湯には全ての要素が揃っており、温泉併設の道の駅で車中泊をすれば、その恩恵を最大限に受けられる。

続きを読む

車中泊で結露を防ぐ方法

結露とは、文字通り空気中の水分が冷えて凝結し、水滴となることによって発生する。発生しやすい場所は車内の「冷えやすいところ」で、具体的には窓ガラスや金属部分ということになる。特に外気と接する面積の大きいフロントガラスは結露しやすく、走行中でも曇りやすい。

なお、車中泊で結露を完全に防ぐ方法は今のところはない。できるのはその量を抑えることまでである。

続きを読む

マルチシェードの、吸着力が落ちた吸盤を蘇らせる裏技

マルチシェードを使っている人なら、大半が一度はこの問題にぶつかっていると思うが、剥がれやすくなった吸盤を復活させる方法は2つある。

よくネットなどに紹介されているのは熱湯に浸す方法だ。ただ筆者の経験では、やり方に問題があったのかもしれないが、それほど効果は感じられなかった…

続きを読む

車中泊のマット選び

車中泊のマットに求められるのは、「クッション性」と「携帯性」、そして「取り扱いやすさ」と「汎用性」だ。

 

たとえば… よくファミリーキャンプで使われ、ベッドマットほどの厚みになる「エアマット」は、確かに「クッション性」と「携帯性」には優れているが、「取り扱いやすさ」においては著しく劣る。展開時はエアを入れるだけで済むが、収納時は元のコンパクトな状態にたたむのに手間がかかる。

インフレータブルマット

それは登山用のキャンプマットでお馴染みの、「インフレータブル」タイプのマットにも同じことが言える。そのことは下の製品のカスタマーレビューに詳しく書かれているので、購入を検討している人には。きっと参考になるはずだ。

続きを読む

RVパークの「使い勝手」は、正直云ってどうなの?

RVパークとは、日本RV協会が車中泊旅行者に、『快適に安心して車中泊ができる場所』を提供するために認定している、車中泊専用の有料駐車場のこと。2016年4月時点の提携施設数は、全国で68件となっている。

RVパーク 施設一覧

続きを読む