松江城に残る真田幸村の軍扇(ぐんせん)/大河ドラマ「真田丸」と真田幸村ゆかりの地

大阪夏の陣における、松平直政の武勇を讃える品

松江城は現存12天守のひとつに数えられる名城で、2015年春に国宝指定されたことで話題となり、一躍多くの人の知る存在となった。

松江城

ただ、今日の話は「松江城」の紹介ではなく、そこに保管されている真田幸村の軍扇についてである。

続きを読む

備中松山城/大河ドラマ「真田丸」のロケ地

オープニング曲の背景に登場する山城

エキサイティングなバイオリン・ソロから始まる、ドラマ「真田丸」のテーマ曲。筆者的には「龍馬伝」以来の強烈なインパクトを受けた名曲なのだが、実はそれが誰の作品なのか、あるいはバイオリン奏者が誰なのかということよりも気になっていたことがある。

tv

%e5%a4%a9%e5%ae%88

それは背景に使われている、この山城の映像だ。

続きを読む

家康「大阪夏の陣で討死」のミステリーが残る/南宗寺 大阪堺市

境内に残る家康の墓と東照宮の名残

真田丸とは全く別の理由で、大阪府堺市に残る史跡のことを調べていたら、実にタイムリーで驚くような話に遭遇した。

南宗寺

「大阪夏の陣」の激戦地である茶臼山から、10キロほど離れた場所に立つ南宗寺というお寺に、なぜか徳川家康のお墓があるというのだ。

続きを読む

茶臼山(天王寺公園)/大河ドラマ「真田丸」と真田幸村ゆかりの地

もうひとつの「真田丸」

NHKの「歴史秘話ヒストリア」によると、「真田丸」は2つあったという。

心眼時 真田丸

俗に云う「真田丸」は、現在の大阪環状線「玉造駅」に近い「心眼寺」付近に築かれていた出城で、「大阪冬の陣」では幸村率いる真田軍が、そこを起点に徳川軍を撃破している。

しかしその後、豊臣方は家康の巧みな和睦戦術にはまり、真田丸はあっけなく取り壊されてしまった。

続きを読む