白川郷・城山展望台(荻町城跡展望台または城山天守閣展望台) マイカー・アクセスガイド


幾つか呼び名があるうえに、各社のガイドブックでも統一されていないため、最初は違うところではないのか?と戸惑うかもしれないが、白川郷の集落を見渡せる展望所は、唯一ここしかなく、つまりは全部同じ場所を指している。

白川郷ライトアップ

そして、白川郷の写真といえば、まずここから撮影されたものと言っても過言ではあるまい。

白川郷・城山展望台(荻町城跡展望台または城山天守閣展望台)

ちなみに荻町城は、約400年前、室町8代将軍足利義政の命令で信州松代から白川郷へ進出した、内ケ島為氏(うちがしまためうじ)の家臣、山下氏勝の居城であった。

 看板

さて、数多ある白川郷の資料を読むほどに「よーわからん!」となるのが、この展望台にあがる方法だ。
つまり、「展望台へはクルマで行けるのか、行って良いのか悪いのか?」という素朴な疑問である。

城山展望台

単刀直入にお答えしよう。答えはイエスである。
下の地図で説明すると、白川郷の道の駅は黄色い道である国道156号の上の彼方にあるのだが、そこから荻町方面に下り来て、「越中西街道」とも呼ばれる国道360号方向に曲がり(上の上の写真の表示が曲がり角にある。ただし道の駅方面からは「曲がらないと見えない」)、後は表示に従えば到着する。

地図では城跡が離れているように書かれているが、心配は無用。156号をゆっくり走れば見落とさずに済むはずだ。むしろカーナビの方が、怪しい道を表示する場合がある。

 ten07.jpg

城山展望台への道はこういう感じ。一部対向できない場所もあるが、観光バスが通れるのでキャブコンでもOKだ。

 駐車場2

バスが泊まっているのは、食事処の城山天守閣の駐車場なので利用者しか停められないが、実はその奥に筆者のハイエースを含めた数台のクルマが見える「無料駐車場」が存在する。上の上の写真もそうだが、ここだけが現存する白川郷内唯一の無料駐車場である。

この情報を知る人はまずリピーターだろう。ただ、もし貴方が筆者と同じ疑問を抱き、検索サイトからこのページに辿り着いたのなら、それはラッキーというよりも「頑張った貴方へ筆者が贈るご褒美」だこのサイトは、そういう努力をする人に「福」が届くよう、あれこれと手を施してある(笑)。

 ただし、ここは「展望台専用の駐車場」として利用しよう。集落を回ると長時間駐車となり、他の利用者の迷惑になる。村営せせらぎ駐車場は、普通車なら1日500円。そのくらいのお金が落とせないなら、旅はしないほうがいい。ここはあくまでも時間や体力のない人のためのスペースと考えるのが、オトナだ。

ten08.jpg

さて。次は徒歩でのアクセスだが、これには2つのルートがある。まずは国道156号から「越中西海道」(国道360号)に入ると、城山展望台と書かれた看板が見え、そこから、ほとんど山道に近い遊歩道が展望台まで通じている。30分ほどの道のりなので、気候の良い日は歩いてみるのも悪くない。

 ten04.jpg

最後は、集落の中から展望台に通じるルート。これはライトアップ時によく使われる。先ほどの遊歩道よりは、こちらが断然ラクである。ライトアップ時は、展望台の混雑具合を表示する看板が立てられる。

ten05.jpg

日没前には、もう渋滞で前に進めない。写真の右上に小さくアリのように見えるのは、展望台の最前列に陣取る人々の姿(ただし2016年からは、バリケードが立てられ最前線までは行けなくなった)。

とはいえ、このくらいの根性がないと、白川郷の夜景は撮れないのだろう(笑)。

もっとも、裏技がないわけではない… 

最後に…
ライトアップ行こうと思っている人には、現地で慌てないために、面倒でも下のページを見て行かれることをお勧めしておこう。

車中泊で訪ねる白川郷 ライトアップ撮影ガイド

世界遺産・白川郷に関する詳細ページはこちら。

白川郷ガイド

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

ザ・キャンピングカーライフ

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅