合掌造りのベスト撮影スポット 「五箇山・相倉集落」


国道304号の相倉口バス停から南へ500mほど歩くと、やがて目の前に合掌造りの民家が点在する山村風景が広がる。現在の相倉集落には、合掌造りが新旧民家と寺・道場・合掌小屋を合わせて24棟ある。だがそのうち人が住んでいる民家は11棟で、民家の空家は10棟あるという。

 

五箇山 相倉合掌集落/富山県

 五箇山の人々は、古くから峠の向こうにある城端(じょうはな)町との交易によって生計をたててきたが、その街道筋に位置する相倉は、特に人の往来が絶えなかった。

ところが昭和初期に国道156号が整備されると、村は往来筋からはずれ、自動車道の閉鎖される冬期だけの交通路になってしまった。さらに昭和45年(1970)には、かの有名な峠雪道を往復した郵便逓送隊(ていそうたい)までが廃止となり、ついに交通路線からその名を消してしまうことになる。

郵便

郵便逓送隊
昭和40年代中頃まで雪に閉ざされた秘境五箇山へ生活物資を輸送する役目を担っていた。その多くは集落の女性たちで、十キロもある荷を背負い、隊列を組んで厳寒の雪道を五箇山から城端へ、また城端から五箇山へ峠を越えて往復したという。

 

五箇山 相倉合掌集落/富山県

 だが、それが今となっては幸いに転じ、世界遺産登録をきっかけに活気が蘇ってきた。とはいえ、白川郷に比べれば実に静かなものである。

五箇山 相倉合掌集落/富山県

 合掌造りの写真を撮りたい人には、白川郷より周囲を自然豊かな山に囲まれ、みやげ屋が立ち並ぶ通りや軒先に駐車場がない、この集落がお勧めだ。

相倉には広いアングルから眺められる「日本の原風景」が、今もなお残されている。ただし、このあたりは住民の生活区域にあたるため、朝8時までは集落内の観光はご遠慮くださいとの看板が入口に立てられている。

カタクリ

春は路傍にカタクリの花が咲く。

キャンプ場

一番奥にはキャンプサイトがあるが、車中泊はできない。

 

五箇山 相倉合掌集落/富山県

 集落の入口に観光バスが停められる駐車場がある。料金は普通車で500円。

五箇山 相倉合掌集落/富山県

 その駐車場の奥から、集落を一望できる高台に登る道が続く。雪の季節は歩くのが大変ではあるが、それに見合うだけの景色が撮れる。

 

ai01.jpg

 なお、バス停付近にもクルマを置けるスペースがある。こちらは無料だが、集落までは500メートル近い距離を歩かなければならない。

ai04.jpg

 バス停から相倉集落への道。ここを歩行者と観光バスが通るため、休日の昼間は渋滞になりやすい。こんな場所で渋滞にハマれば、もう脇道もUターンできるところもなく、為す術を失うだけ… 

五箇山は白川郷とは観光客の数が違う分、受け皿も脆弱であることをお忘れなく。そういう時は、先ほどの無料駐車スペースにクルマを置いて歩くに限る。なお、相倉のバス停は、菅沼方面からアクセスすると、相倉集落を通り過ぎた少し先にある。

 

稲垣朝則の世界遺産・白川郷に関する詳細ページはこちら。

白川郷ガイド

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

ザ・キャンピングカーライフ

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする