正岡子規の生家を再現した「子規堂」/愛媛県松山市


正岡子規の文学仲間であった正宗寺(しょうじゅうじ)の住職、仏海禅師が子規の業績を記念し、子規が17歳まで過ごした住居を境内に復元した文学資料館で、どちらかといえば、子規と親交があった人達による私立の色彩が強いようだ。

建物

最初の子規堂は大正15年に柳原極堂らによって建てられたが、昭和8年に焼失している。その後再建された建物も昭和20年の空襲で焼失し、現在の建物は3代目にあたるという。

子規堂

堂内には子規の愛用品や遺品、写真、原稿など約100点が展示されており、中には夏目漱石や秋山真之から送られた手紙も。また子規が庭園を眺めつつ、勉学に打ち込んだとされる当時の机もある。

句碑

 子規堂の正面には、子規の「旅立ち」の銅像がある。このほか、子規堂前の広場(観光バス等の駐車場も兼ねる)の一角には、夏目漱石の胸像、当時運行されていた「坊っちゃん列車」の客車、俳句ポスト、子規とベースボールの碑などもある。また南に隣接する墓地入り口近くには、子規の遺髪塔(埋髪塔)がある。

なお、子規堂からはやや離れるが、松山市内の道後温泉近くの道後公園内には、松山市が設置した子規記念博物館がある。

正岡子規生誕地跡

子規堂に復元された元々の子規の生家は、松山駅前通りにあった。そこにも記念碑が建てられている。

子規堂
松山市末広町16-3
☎:089-945-0400
入館料:50円
営業時間:8:30~17:00・無休
駐車場あり(20台)

道後温泉の主な見どころ・食べどころガイド

道後温泉の総合案内ページはこちら。

道後温泉

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

ザ・キャンピングカーライフ

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする