長湯温泉のシンボル 「温泉療養文化館 御前湯」


ホームページでは長湯温泉の歴史に触れる機会がなかったので、ここで少しその内容を盛り込んでおこう。

イラスト

古文書によると、長湯温泉は8世紀までその歴史を遡ることができる古い湯治場だが、入湯施設が整い始めたのは江戸時代になってからのこと。宝永3年(1706年)に、この地を治めていた岡藩主・中川候の入湯宿泊の便宜を図るため、温泉を取り込んだ御茶屋が建設された。それが初めての藩による湯屋で、御前湯はそれから約75年後に「新湯」として作られた。

御前湯の名前はその当時の名残で、現在の芹川河畔にせり出す形の洋館が建てられたのは昭和10年。戦前からのモダンな姿が、現在もなお受け継がれている。

御前湯

さて。長湯温泉のシンボルともなっている御前湯は日帰りの温泉施設で、大浴場・露天風呂・サウナ・家族風呂がある。3つの源泉は全てかけ流しで、加温も加水もしていないため、外気温によって温度に変動がある。

温泉療養文化館 御前湯

開放的な大浴場

源泉かけ流し

析出物がびっしりこびりついた露天風呂の浴槽。

なお、御前湯のお湯は泡が付かない。しかし炭酸ガスを多く含んだ泉質であることは折紙付きで、効能に変わりはないそうだ。筆者の体験では、熱いにごり湯はどこでも泡は付かない。シュワシュワ感が味わえるのは、透明のぬるいお湯だ。

 

飲泉場

最後に、「飲んで効き 長湯して利く長湯のお湯は 心臓胃腸に血の薬」と詠われる自慢の炭酸泉は、玄関脇にある飲泉場のほか、館内すべての湯口で飲むことができる。

ちなみに炭酸ガスは胃腸の働きを活発にし、水分の吸収をよくするそうだ。ここでの飲泉は胃腸病、肝臓病や便秘に効果があるのはもちろん、利尿効果により痛風、尿管結石、膀胱炎、糖尿病、慢性胃腸炎に効果があるという。ただし飲みすぎると下痢をすることがあり、1回100~200cc、1日でも200~1000ccが適量といわれている。

 

温泉療養文化館 御前湯
〒878-0402 大分県竹田市直入町大字長湯7962-1
電話:0974-64-1400
●入浴料:500円
●営業時間:6:00~21:00・ 第3水曜定休
●泉質:炭酸水素塩泉

長湯温泉の詳細ページはこちら。

長湯温泉

各地の秘湯・名湯 入湯レポート一覧ページはこちら
噂の秘湯・名湯 入湯レポート

車中泊で温泉旅

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

ザ・キャンピングカーライフ

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする