坂本龍馬ゆかりの宿、霧島ホテルの硫黄谷庭園大浴場


超特大の庭園大浴場を持つ霧島ホテルは、約150年の歴史を誇る老舗である。

kirisimahoteru1.jpg

当時は「霧島館」と呼ばれたこのホテルにある硫黄谷温泉は、坂本龍馬が浸かったお湯のひとつで、館内では龍馬に関する幾つかの展示を見ることができる。

龍馬の手紙

由緒ある名湯に浸かりながら、幕末の日本に思いをめぐらすのも一興だ。館内には龍馬に関する資料も展示されている。

 

大浴場

さて、これが圧巻の広さを持つ噂の硫黄谷庭園大浴場だ。しかも写真のスペースはフリーゾーンと呼ばれる混浴で、水着は禁止。なるほど、だから立って入るのか?(大笑)。

実はこのお風呂は深くて座って浸かることができない。ゆえに立って入るわけだが、広さは学校の体育館ほどあり、湯煙で中は霞んでいる。そのうえお湯も濁っているので、男女別々の入口から入って、真ん中の合流するあたりでは、女性の体はほとんど見えない。また写真右上の壁の向こうには女性専用スペースもある。

硫黄谷庭園大浴場のレイアウト

浴場の中央には激しく高々と吹き上がる噴水があるが、冷水なのでかかっても大丈夫。また奥では湯元からの温泉がまるで滝のようにやぐらから流れ落ちている。これぞまさしく源泉かけ流しである。

まあ、この大浴場では、ほっこりとか癒しという言葉はあまり似合わないかもしれないが、これもまた温泉の妙味として、ぜひ一度ご体験されることをお勧めしたいお湯の1つである。

明礬風呂

大浴場には、立湯を囲むように幾つかの湯船も用意されており、団体客にぶつからなければ、値段相応の満足感が得られるだろう。
ちなみに筆者は3度このお湯場を訪ねているが、そのうち一度は「貸し切り」状態で、島津の殿様、いや、テルマエ・ロマエのハドリアヌス帝になった気分がした(爆)。

霧島ホテル
鹿児島県霧島市牧園町高千穂3948
電話番号:0995-78-2121
入浴料:大人1000円、小人(3歳~小学生)500円
入浴時間:11:00~18:00(食事付入浴は~15:00、繁忙期は変更の場合あり)

 

 

 

坂本龍馬ゆかりの地

霧島温泉郷の詳細ページはこちら。

霧島温泉郷

各地の秘湯・名湯 入湯レポート一覧ページはこちら
噂の秘湯・名湯 入湯レポート

車中泊で温泉旅

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

ザ・キャンピングカーライフ

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道