冬の淡路島の観光スポット 灘黒岩水仙郷 (なだくろいわすいせんきょう)


淡路島の南部に位置する灘黒岩水仙郷は、スイセンの名所として千葉県安房郡鋸南(きょなん)町にあるスイセンの里、福井県の越前水仙の里公園とともに、日本水仙三大群生地の一つに数えられている。

灘黒岩水仙郷 (なだくろいわすいせんきょう)

ここでは、約180年前に漁民が海岸に漂着した球根を山に植えたのが始まりと伝えられ、今では標高608メートルの諭鶴羽山から海に続く急斜面の一帯約7ヘクタールにわたって、約500万本もの野生の水仙が咲き誇るという。花は一重咲きの野生の二ホンスイセンが中心で、1月を中心に12月下旬から翌年の2月下旬まで開花が楽しめる。

ウメと水仙

時期を遅らせれば、遊歩道に植えられたウメの開花も同時に見ることができる。なお、午後からは太陽が海側にまわるので逆光になるため、撮影には午前中がお勧めだ。

灘黒岩水仙郷の駐車場

ただし、駐車場からは写真のような急な坂を登らなければならないので、足に不安のあるご年配にはちょっと厳しいかもしれない。

灘黒岩水仙郷 臨時駐車場

 加えて、問題はアクセスだ。
初めての人は、まさか真冬にこれほど人が集まるとは知らずに現地を目指してくるようだが、休日はとんでもない待ち時間を食らうことになる。

そこで、こちらの地図にある「臨時駐車場」の利用をお勧めしたい。福良港からもシャトルバスが出ているので、どちらでも都合のよい便を選べば良いだろう。シャトルバスは随時運行しており、さほど待たずに乗ることができるようだ。

灘黒岩水仙郷
兵庫県南あわじ市灘黒岩2
入場料:大人500円

 

PS

淡路島では立川水仙郷でもスイセンが見られるが、キャブコンのキャンピングカーは料金ゲートがくぐれないので入場することができない。また相当急な下り坂を車で通らなければならないので、車高の低い車も底を擦る可能性があるだろう。現地までの道も狭く、苦労して辿り着いた結果がそれでは、誰でもムカつくのが当たり前(笑)。該当する車両にお乗りの方には、無難な灘黒岩水仙郷がお薦めだ。

立川水仙郷

舗装してあるとはいえ、この道を下りきった谷底に立川水仙郷のお花畑がある。こちらの水仙は純白で品種が違う。

立川水仙郷

 

淡路島の詳細ガイドはこちら

淡路島で車中泊

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

ザ・キャンピングカーライフ

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする