琵琶湖湖南にあるバーベキューOK「穴場」の車中泊スポット 「湖岸緑地」2018.4更新

バーベキューができる無料の公園が「希少価値」となった現代において、大阪からクルマで1時間ほどのところに、今でもこのような素晴らしいロケーションが残されていることをご存知だろうか。

琵琶湖の湖岸緑地は「都市公園湖岸緑地」の略称で、琵琶湖総合開発計画に基づき、湖水位の低下による琵琶湖周辺の自然環境悪化を防止するために整備された公園のこと。

大津市、草津市、守山市、野洲市、東近江市、彦根市、米原市、長浜市の8市に設置されているというが、車中泊にお勧めなのは、何といっても草津市にある3つの駐車場だ。

具体的には、近江大橋から烏丸半島の間に点在する「北山田-1」、「支那-1」、「支那-2」で、いずれも駐車場は無料で、綺麗な水洗トイレが設置されているだけでなく、バーベキューもOKというから驚く。ただしトイレは夜間照明がつかない。またゴミ箱は置かれておらず持ち帰りになる。

湖岸緑地 北山田-1

湖岸緑地 支那-1

湖岸緑地 支那-2

2013年に無料化された近江大橋のすぐ近くには、巨大なイオンモールがそびえ立ち、スポーツ&レジャー棟にはスーパー銭湯の「水春」がある。

ここにはブック・オフからシネマ・コンプレックスまで揃っているので、雨でも退屈する心配がなく、長旅の旅行者にも適している。

また、24時間使える綺麗なトイレと、ゴミ箱まである「道の駅草津」もすぐ近くにあるので、昼間はこちらで寛ぎ、夜は道の駅に移動しても構わない。

時間がたっぷりあるシニア世代にとって、琵琶湖の湖南はお金をかけずに長期滞在ができる北海道並みのパラダイスといえるだろう。

スポンサードリンク