コハクチョウとオオワシのバードウォチングに最適。道の駅・湖北みずどりステーション

「道の駅 湖北みずどりステーション」は、湖周道路に面する水鳥公園内にある。

付近はコハクチョウの飛来地として有名で、琵琶湖の湖面が濃い藍色から琥珀色に変り行く光景は、日本の夕陽百選にも選ばれている。

2000年から湖北町に飛来するコハクチョウとオオワシを撮影し続けている筆者は、2002年にできたこの道の駅をオープン当時からつぶさに見てきた中の一人だ。

正直… できた当初からここはロケーションの割にぱっとせず(笑)、このままでは先行き怪しいのでは?っと思うほど売店も食堂もテキトーな道の駅だった。

その様子は、2010年の春に放送された「ガイアの夜明け」でも克明に描かれていた。悪化する局面の打開に向けて、空き地にレストランを増床する計画だったが、結局長浜市からの許可が降りずに頓挫した。

しかし2015年には、駅舎の中に観光案内所ができ、売店もレストランも様変わりしている。おそらく指定管理業者が変わったのだろう。

二階は見晴らしの良い休憩室として開放され、Wifiも利用できる。もちろんいずれも無料だ。

駐車場は奥行きが広くてフラット。裏と隣は農地なので、もともと車中泊には適している。コハクチョウが飛来する11月から、道路が凍結する前の12月初旬までなら十分ここで車中泊ができるだろう。

関連記事
琵琶湖(湖北町・山本山)のオオワシ 観察ポイント情報

ただし年が明けると スタッドレスタイヤがなければ危険。湖北は近畿から北陸に変わる。

道の駅 湖北みずどりステーション 車中泊好適度!チェック】
1.駐車場の平坦性=○
2.駐車場のキャパシティー=○ 普通車:67台
3.ゴミ箱の有無=あり
4.旅行情報の充実度=○
5.付帯設備の充実度=○

最寄りのスーパーマーケットは、北陸自動車道・木之本インター近くの平和堂、食事処は長浜に通じる国道8号に点在している。

【最寄りの温泉】
北近江リゾート」は、土日祝日1,200円(平日900円)と料金が高い。ただし平日限定で、700円で利用できるクーポンがこのサイトで入手できる。

週末に温泉に入りたい人は、道の駅から15キロほど離れているが、浅井に550円で日帰り入浴ができる健康パークあざい」という施設がある。

ただし浅井まで行くなら、そこから約6キロ・10分のところにある「道の駅 浅井三姉妹の郷」で車中泊をするほうがラクだ。この道の駅はクルマで2.3分のところにも日帰り施設の「姉川温泉(おとな785円)」がある。

「道の駅 浅井三姉妹の郷」の詳細ページはこちら。

琵琶湖 Contents


車中泊で旅する琵琶湖の概要はこちら

琵琶湖の全記事リスト

琵琶湖の車中泊スポット 全記事リスト