奥琵琶湖パークウェイに近い道の駅 塩津海道あぢかまの里


塩津海道あぢかまの里は、既存の特産品直売施設「奥びわ湖 水の駅 あぢかまの里 」を拡張したもので、マキノ側の端に情報コーナーと24時間利用できるトイレを増設し、さらに裏にも駐車場を増やすことで、2010年3月に新たに道の駅として登録された。

水の駅

以前は屋外にトイレがなくて車中泊はできなかったのだが、今は奥琵琶湖や余呉湖を観光する人々にとっては、絶好の車中泊スポットといえるだろう。

駐車場

駐車場は総じて平坦だが、車中泊には情報館の左手のスペースが道路から離れていてお勧めだ。近くにはコンビニとラーメン屋さんもある。

鴨そば

駅名にも使われている 「あぢかま」は、塩津を指す枕詞で、琵琶湖の水辺で越冬する鴨に由来している。構内には大きな鴨そばの看板も。それにしても一杯500円は安いカモ!(笑)。また、以前から営業していたこともあって、野菜の直売所は品数も多く賑わっている。

休憩室

旅人には、ゆっくり休める広い休憩室も魅力だ。

塩津海道あぢかまの里
 〒529-0701滋賀県長浜市西浅井町塩津浜1765
電話:0749-88-0848
駐車台数:普通車76台
ゴミ箱の設置:未確認
最寄の入浴施設:北近江の湯

琵琶湖

奥琵琶湖ドライブウェイ 葛篭尾崎からの光景
奥琵琶湖ドライブウェイへの登り口は道の駅のすぐ近くにある。

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

オートパッカー

ザ・キャンピングカーライフ

大人の車中泊

サブバッテリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする