琵琶湖のお花見ができる道の駅 しんあさひ風車村

道の駅しんあさひ風車村は、現在リニューアル工事のため休業中です。2018年7月にグランピング施設として再開の予定とか。どんなふうになるのか楽しみだ。

以下は過去の情報。

風車

道の駅しんあさひ風車村は、1993年4月22日に登録された「日本で最初の道の駅」のひとつ。風光明媚な湖西の湖周道路沿いに立ち、オランダ風の大きな風車がランドマークの道の駅として、当時は多くの利用客で賑わっていた。

当初は道の駅の中に菖蒲湯があって何度か利用したこともある。

広くて静かなこの道の駅は、確かに車中泊には好適地だが、生活道路からは遠く、野菜の直売所や温泉が併設しているわけでもない。そのうえ、余計な設備のおかげで維持費はかかる… 正直、指定管理業者にどうこうできる範疇ではなかったのだろう。

ここは行政が資金を投入して根本からリニューアルしなければ、誰がやっても結果が変わるとは思えない。それはホームページの更新日を見れば一目瞭然。

明らかに、「心が折れていた」(笑)。

環境が素晴らしいにもかかわらず、何かにつけて「お金の無さ」が目についたのは、筆者だけではなかったようだ。足を運ぶたびに施設は廃れ、2006年に道の駅「藤樹の里あどがわ」が国道161号線沿いにできると、さらに客足は遠のいてしまった。

道の駅しんあさひ風車村

ただそんな道の駅でも、桜の季節だけは人が集まった。ここは写真のように夜桜を楽しみながら車中泊ができる。

湖周道路

また湖周道路には桜並木が延々と続き、サイクリングやペットとの散歩を楽しむ人の姿も多い。今、「風車街道」と呼ばれるこのあたりは、知る人ぞ知る贅沢なお花見の穴場になっているらしい。

 道の駅 しんあさひ風車村
〒520-1511  滋賀県高島市新旭町藁園

☎0740-25-6464
■駐車台数:普通車164台
■ゴミ箱の設置:未確認
■最寄の入浴施設:比良とぴあ

スポンサードリンク