南淡路のうずしおクルーズ船発着港にある 道の駅福良


淡路島を南北に走る国道28号の最南端にある「道の駅・福良」は、2013年4月に淡路島で4番目となる道の駅として登録されたが、施設は「新設」ではなく、既存のものをそのまま利用している。

なないろ館

ここは同じ「物件」になぜか4つもの「異なる名前」がついているため、島の人間以外は、きっと混乱してしまうに違いない。そこで最初に、この施設の名前から整理しよう。

道の駅福良は、福良港の港湾施設として作られた「南あわじ市ふるさと活性化センター」のことで、道の駅の「駅舎」に当たる建物は、「うずしおドーム・なないろ館」と呼ばれている。

つまり、ネット上に出てくるこれら名前は、どれも同じところを意味しているのだ。

福良

敷地は広く、駅舎と駐車場の他に、うずしおクルーズ(ジョイポート南淡路)の観潮遊覧船が発着する桟橋、「うずのゆ」と名付けられた足湯、ベンチの置かれた緑地公園、そして農水産物及び加工品の販売所と食事処がある。

店舗

昼間は買ったイカや貝を店頭のグリルで焼いてもらい、その場で食べることも可能だ。

人形館

また向かいには、国指定の重要無形民俗文化財である淡路人形浄瑠璃を上演する「淡路人形座」と第2駐車場、そして24時間営業のローソンがある。

道の駅福良

駐車場はフラットで広々しており、写真左手の茶色い建物が24時間利用できるトイレになっている。また先ほどの店舗は、写真の右側に並んでいる。

ただし、ここには朝から観光バスがやってくるので、クルーズに出ない人は早めに退散するほうがいい。

駐車場2

第2駐車場は、夜間は閉鎖されるので使えない。
泊まっている車両は、たぶん漁師さんのものだろう。

道の駅福良
〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良甲1528-1
電話:0799-52-2336(南あわじ観光案内所)
■駐車台数:普通車49台
■ゴミ箱の設置:あり(男子トイレの中)

ゴミ箱

いつもここにあるのか、たまたまなのか… それは次回行けばわかることだ(笑)。

■最寄の入浴施設:南あわじリフレッシュ交流ハウスゆーぷる

鳴門の渦潮 観潮船からの撮影レポート

淡路島で車中泊

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

オートパッカー

ザ・キャンピングカーライフ

大人の車中泊

サブバッテリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする