淡路島の温泉施設 パルシェ香りの館・香りの湯 日帰り情報


淡路島西海岸の高台に建つパルシェ香りの館は、宿泊棟、温泉館、レストラン、ハーブ園などが複合する「香り」のテーマパークだ。欧風の露天風呂はハーブが香り、ジェットバスで疲れを癒しながら瀬戸内に沈む素晴らしい夕日を眺められる。

香りの湯2

温泉は深さ1,200mの花崗岩の地層から湧出し、炭酸水素(重曹)イオンとラドンなどを含む弱アルカリ性の「美人湯」。泉質無色透明・無味無臭で美容や健康に良いとされる。大浴場には、ボディーソープ、シャンプー、リンスが備え付けられている。京阪神に近い観光地としては割安感があり、入浴施設としては松帆の郷よりも安らぎを覚える。

パルシェ香りの館・香りの湯
所在地 :兵庫県淡路市尾崎3025-1
電話 :0799-85-1126 
料金:大人630円、小人(3歳~小学生)370円
時間 :第1火曜(祝日の場合は営業、1・5・8月は無休、12・2月は第1火曜と翌日休) 11:00~21:00(閉館22:00) 
休み :第1木曜(1・4・5・8月は無休
備品:石鹸・ボディシャンプー(無料) シャンプー(無料) ドライヤー(無料)

淡路島で車中泊

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

オートパッカー

ザ・キャンピングカーライフ

大人の車中泊

サブバッテリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする