絶品素材の明石鯛を、最高に美味しく食べる方法


明石鯛とは、正確にいえば「明石海峡に棲む真鯛」のこと。つまり明石で穫れる鯛も、淡路島の北側で撮れる鯛もクオリティーは変わらない。

明石海峡

マダイは北海道以南の主な漁場で水揚げされているが、明石海峡で捕れる鯛は「味の良さでは日本一」との高い評価を受けてきた。

その理由は大きく分けて2つある。まず明石海峡は潮流が激しく、鯛はその流れの中でよく運動をしているために、身がひきしまっていること。
もうひとつは、この明石海峡には鯛の好物であるエビやカニが多く、またそれらを食べる数多くの魚が生息している。雑食性の鯛は、自らのサイズに応じて、この海域に集まる豊富な餌を年中ふんだんに食べて育っていく。

鯛

明石の鯛は秋に入ると越冬のため食欲を増し、よく肥えて脂がのった状態になる。そのため艶やかな朱色になり、美味しさのピークを教えてくれるそうだ。その旨味が凝縮された鯛のことを、地元の漁師は“紅葉鯛”と呼んで珍重している。

刺身

余談になるが、サバやマグロなどの回遊魚は、ふだんは尾ビレだけを使って泳いでいるが、主に岩場を住処とする鯛は体全体を使って泳ぐ。そのため鯛の筋肉には、コラーゲンが豊富に含まれている。コラーゲンは魚のプリプリ感の源で、鯛は、ウナギやヒラメ、そしてカレイに次いでコラーゲンが多く、それが全身にある点が特徴だ。ゆえに新鮮なうちに刺身で食べると、プリプリした歯ごたえが味わえる。

その一方で、鯛の身は牛肉と同じく、暫く寝かせた方が旨み(イノシン酸)が出るという特性を併せ持っており、締めてから12時間・36時間・60時間を経た鯛の切り身を試食する実験では、36時間経ったものに最も旨み味を感じる人が多かったというデータもある。

だがそうなると、プリプリした歯ごたえは失われてしまう…

湯引き

それを両立させる調理方法が写真の湯引きだ。漁師が編み出した究極のレシピである。

鯛の身に湯をかけると、まず身が縮んでエネルギーのもとになるATPがイノシン酸に変わり旨みが増す。また身と皮の間にあるコラーゲンは、熱と水が加わえられるととゼラチンに変化し、しっとりとした食感のもとになるのだ。もちろん、湯が当たってない部分は、そのままプリプリの歯ごたえが残る。

なお、鮮度が落ちた鯛ならば、皮に切れ目を入れてから湯引きするといい。1センチ~1.5センチの幅で、格子状に隠し包丁を入れてから湯引きをするのだ。
それが必要な鯛かどうかは、刺身にして指で押えてみれば容易に分かる。時間が経った鯛は身が潰れてしまうが、新鮮なものは弾力があって簡単には潰れない。

尾びれ

 最後に、天然物の鯛と養殖の鯛の見分け方は「尾びれ」を見るのが一番だとか。先がキレイに尖っていれば天然、丸く削られていれば養殖と判断される。もちろん、生育環境によって異なるので、100%確実な判別方法とは言い切れないが、ひとつの目安として覚えておくといい。

淡路島で車中泊

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

オートパッカー

ザ・キャンピングカーライフ

大人の車中泊

サブバッテリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする