西伊豆の富士山撮影スポット パーフェクトガイド


今や世界遺産となった富士山だが、巷では噴火に関する憶測が飛び交っている。もし噴火したら… 今の富士山の写真は貴重な記録として、高い値打ちがつくかもしれない(笑)。

伊豆スカイライン

とはいえ、富士山の撮影スポットは「定番」と呼ばれるところでさえ無数にあり、もちろん筆者も全ては回りきれていない。だが、少なくても今はこう思っている。スケールの大きな富士山には、湖よりも駿河湾がよく似合う。

富士山

というわけで、ここでは駿河湾の対岸にあたる伊豆半島西海岸の「定番・富士山撮影スポット」を紹介する。ただし初めての人向けに書いているので、経験者にはたぶん新鮮味に欠けるだろう。
ただ、どこでもそうだが、
「定番」と呼ばれてきた場所には「それ相応の価値」がある。まずはそれを知った上で、お気に入りのマイプレイスを探してみることを筆者はお勧めする。

河津桜

なお撮影に適している時期は、2月下旬から3月の初旬。河津桜が満開を迎える頃がちょうどいい。また時間は富士山が順光になる午前中の10時前後がベストだろう。

※情報は沼津から南下するかたちで列記。

1.大瀬崎

大瀬崎

2012年2月20日 AM9:11  Nikon/D700 24ミリ
別名琵琶島とも呼ばれる駿河湾に突き出した半島で、国の天然記念物のビャクシン樹林が群生している。

大瀬崎展望台

撮影したのは、県道17号沿いにある「吟道之碑」の入口から写真の階段を登ったところ。ここには駐車場がないので、路肩にクルマを停めて撮影した。

マップ1

大瀬崎に降りる途中に展望所があるが、筆者はここのほうが高台で眺めもいいと感じた。

2.煌めきの丘

煌めきの丘

2012年2月20日 AM9:00  Nikon/D700 50ミリ
戸田(へだ)地区の県道17号沿いにある展望台。すぐ近くにある「出逢い岬」と混同しやすいが、こちらが「戸田」と書かれた菜の花畑と富士山が一緒に撮れる場所だ。

煌めきの丘P

駐車場はあるが、トイレはない。

みかん

みかんの無人販売所。一袋200円ほどで安くて美味い。

3.出逢い岬

出逢い岬

2012年2月20日 AM8:44  Nikon/D700 60ミリ
富士山の撮影スポットとしては、いまひとつの感がある。むしろ、ここの眺望で美しいのは下の写真の御浜崎だ。

御浜崎

ただし富士山が順光になる午前中は、こちらが逆光になる。

出逢い岬P

駐車場にはトイレがあるが、あまりにも傾斜が強く、ここでの車中泊は困難を要するだろう。

マップ2

だが2015年4月に、マップの「壱の湯」の側に「道の駅・くるら戸田」がオープンする。取材時は建設中だったが、ここができれば西伊豆の車中泊環境は大幅に向上するだろう。

道の駅くるら戸田

4.御浜崎

御浜崎

2012年2月20日 AM7:59  Nikon/D700 45ミリ
筆者が選ぶ西伊豆の富士山撮影ベストスポットがここだ。

この圧巻のアングルは、下のマップの❶健康の森の展望台から眺めることができる。

マップ3

ここが展望台への登り口。

御浜展望台入口

展望台

御浜展望台

※御浜崎の最初の写真は、実は健康の森展望台よりもさらに高い場所から撮影したものだ。しかし2015年2月に訪ねた時には入口がクローズされており、現在は健康の森展望台が一番の高所になる。

フレンディー

筆者がここをベストスポットに挙げる理由は、ここからの眺めだけではない。御浜崎は他の撮影スポットと違い、異なるアングルの写真が撮れる立地なのだ。

御浜崎

マップ❷あたりから見える景観

御浜崎

マップ❶あたりから見える景観

御浜崎 駐車場

しかも公園にはトイレがあって、無料駐車場での車中泊が可能だ。なお、車中泊については別記事で詳しく記載する。

5.恋人岬

恋人岬

2015年2月27日 AM10:18  Nikon/D5300 38(実質57)ミリ
戸田から土肥を通り越して、黄金崎に着く手前にある。県道17号から入った駐車場から富士山は見えないが、一段下にある第一駐車場から伸びる遊歩道の先に、素晴らしい景色が待っている。

恋人岬

県道17号から入ってすぐの売店がある駐車場前の景色。ここからは全く富士山は見えない。この前の道をクルマで下ると下の建物に行ける。ただしここは屋外にトイレがなく、車中泊はできない。

恋人岬の第一駐車場

この建物の左が第一駐車場。

恋人岬の遊歩道

第一駐車場から始まる遊歩道は、「金の鐘」と「愛の鐘」がある2つの展望台に続く。

恋人岬

第一駐車場から約200メートルのところにある「金の鐘」。

恋人岬

 恋人の鐘とブロンズ像があるのは、この木道階段の先端。「金の鐘」からは約200メートルだ。

恋人岬のお地蔵さん

遊歩道の手前にも富士山が見える場所がある。だが、半分以上の人がこの景色を見落としているようだ。

6.黄金崎

黄金崎

2015年2月27日 AM9:45  Nikon/D5300 18(実質27)ミリ
ここは富士山というよりも夕陽で有名な撮影ポイントだが、西伊豆から富士山が見える最南端ということで取り上げた。富士山は写真の右上に小さく見える

黄金崎駐車場

 駐車場と展望台。

マップ4

ここより南にも堂ヶ島や石廊崎などの景勝地が続くが、もう富士山は見えないので、ここでは取り上げていない。

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

オートパッカー

ザ・キャンピングカーライフ

大人の車中泊

サブバッテリー