車中泊で使えるキッチンアイテム ランチプレート


 まるで、車中泊のための食器

車中泊で食器を汚さずにご飯を食べる方法として、よくサランラップ敷が紹介されているが、筆者はそれをほとんどやることはない。なぜなら、料理がウマそうには見えないからだ。登山のようにやむを得ない場合は別として、車中泊やオートキャンプでは、そこまでしなくてもいいと思っている。代わりに活用しているのが、レストランやカフェでよく見かけるランチプレートだ。 アウトドアでは「食器を汚さない=洗わない」ことも大事だが、少ない枚数で収まるようにすることも忘れてはいけない。

ランチプレート

野外で使うランチプレートは、コレールよりもメラミン樹脂のほうがいい。メラミン樹脂は、光沢を持ち耐水性、耐候性、耐磨耗性に優れる素材として、アウトドアでは早くから用いられてきた。質感ではコレールに敵わないが、実用性ははるかに高い。

ランチプレート 車中泊

なお、小ぶりのランチプレートは、大きなダイソーの店に行けば品揃えされていることもある。なかなか白無地は見つからないが、酒の肴や乾き物を入れたりするのにほどよいサイズで重宝する。

実使用レポートのインデックスページへ。

車中泊のアイデア・インデックスページはこちら。

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

オートパッカー

ザ・キャンピングカーライフ

大人の車中泊

サブバッテリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする