桑野橋河川公園(朽木村キャンプ場)の超詳細ガイド


桑野橋河川公園は、滋賀県高島市の桑ノ橋バス停横を流れる大野川河川敷にある、「名も無きキャンプ場」である。

世間的には「朽木村キャンプ場」とも呼ばれているようだが、近所に「朽木オートキャンプ場」が存在するため、混同しないようにしてほしい。
おそらく法律上の問題から、正式なキャンプ場としての認可を得ることができないのだろうが、実際に訪れてみると、オートキャンパーには、この上なく快適なキャンピンググランドであることがわかるはずだ。

このページはタイトルに「超」の字がつく。
どれだけ詳しいかは「見てのお楽しみ」(笑)。

桑野橋河川公園 サイト

まずサイトは、川砂利で整地された広大なフリーサイトで、穏やかな日は、清流の間際にテントを張ることができる。

桑野橋河川公園 ロースタイル

夏はここが一等地。
ファミリーキャンパーが先を競って訪れる。

桑野橋河川公園 全景

こちらがメインのスペース。区画はないが、一応白線でクルマの通路とテントサイトの区分はなされている。ゆうに200張分の広さはあると思うが、それでもGWやお盆は満杯状態になる日がある。

桑野橋河川公園 夜

場内には明りがないので、星が本当に綺麗。

桑野橋河川公園 直火の焚き火

焚き火は直火OK。

桑野橋河川公園 キャンピングカーのオフ会

桜の季節は、キャンピングカーのオフ会に出くわすことも。

桑野橋河川公園 MSR

シーズンオフになる秋から春には、個性的なキャンパーも数多くやってくる。

 今度は施設の紹介に移ろう。

IMG_2244

トイレは入口付近にもあるが、きれいな水洗トイレは河川公園の外の国道に面したところにある。もちろん公園内からも歩いて行ける。

IMG_2253

水場は実にシンプル。洗い物はいいが、飲料水は持参するほうが安心だ。なお水道管が凍結する冬場は、管理人が来るまで元栓が止められているため水は出ない。冬はたっぷり水を持参していこう。

2016.3 追記

桑野橋河川公園 水場

4月からの料金値上げに合わせて、立ったまま洗えるよう水場を改良していていた。これで多少は使いやすくなりそうだ。

キャンプバケツ

いずれにしても、ここは洗い物を置いておく台がないので、バケツのようなものがあると便利だろう。

IMG_2255

ゴミもしっかり処分できる。
ちなみに料金は、清掃協力金、大人1名300円/1日ポッキリ(※夫婦1泊1200円になる計算)。近畿とは思えない驚くべき良心価格である。

2016.3 追記

ただし、2016年4月1日より料金が改訂される。

清掃協力金、大人1名500円/1日ポッキリ(※夫婦1泊2000円になる計算)。ただし中学生以下は100円から無料に引き下げられる。

焚き火

なお焚き火用の薪は、道の駅から400メートルほどのところにある上田製材所で手に入る。上の写真のサイズで一束250円と良心的でお勧めだ。ただし端材なので木は薄い。

上田製材所

上田製材所 
滋賀県高島市朽木市場552‐1
☎:0740-38-2155

詳しい地図

 IMG_2249

さて。問題はアクセスだ。もちろんキャンプ場ガイドにも出ていないので、詳しい行き方をガイドしておこう。

国道367号線、通称「鯖街道」沿いに位置し、キャンプサイトへの入り口は、「ごはんや山水」」の看板の横から河原へ降りる細い道になる。琵琶湖方面から来れば、桑野橋からサイトがよく見えるが、逆からだと見過ごす可能性が高いので、付近まで来たら速度を抑えて運転しよう。もし道の駅が見えたら、それはもう遥かに通り過ぎている。京都方面から来ると、キャンプ場入口の100メートルほど手前に、先ほどの写真の公衆トイレがある。


【最寄の入浴施設】

くつき温泉てんくう

朽木温泉てんくう
(営業時間) 10:00~21:00 受付終了は20:30 
定休日:月曜日(祝日の場合、翌日)
入浴料 大人600円・小人(3歳以上)300円
クルマで5.6分。徒歩ではかなり遠い。
【最寄のショッピング施設】
付近にはコンビニのみ。
安曇川の平和堂までクルマで約20分ほど

PLANT-2上中店

 だが、お勧めは23キロほど離れたPLANT-2上中店だ。福井県になるが、桑野橋河川公園から鯖街道を走って30分ほどで行ける。

PLANT-2上中店 鮮魚

なんでも安いが、海に近いため鮮魚や海鮮の面白い食材も手に入る。

PLANT-2 上中店
〒919-1524 福井県三方上中郡若狭町脇袋11号12番地1
☎0770-62-2500
営業時間:9:00-22:00 年中無休

栃生梅竹 鯖寿司

また名物の鯖寿司は、栃生梅竹が有名だ。お勧めは「焼き」鯖寿司で、他より500円以上高いがウマイと評判だ。

滋賀県高島市朽木栃生275-1
☎0740-38-3297

道の駅・くつき新本陣

日曜日の朝は、クルマで5分ほどの道の駅・くつき新本陣で「朝市」が行われる。パンや炊き込みご飯などの店も出るので、買ってくると朝食にいいかも。

最後は周辺観光について。

マキノ メタセコイア並木の雪景色

水の美しい湖西の浜や、メタセコイアの並木道で有名なマキノ高原まではクルマで20分ほど。

DSC_0030.jpg

人気のドライブコース、鯖街道のちょうど真ん中あたりに位置しており、100円の途中トンネルを抜ければ大原三千院までは30分ほどで行き着く。

京都の車中泊・クルマ旅のガイドはこちらに詳しく記載

スポンサードリンク