フッ素樹脂加工の「おひとりさま用」ジンギスカン鍋


実はふたりでちょうどいい

北海道民のソウルフードであるジンギスカンには、専用の鍋がある。独特の形状の由来は、かつて戦場で兵士が鉄兜を使って肉を焼いたからという説もあるようだが、その真相は定かではない。むしろ中央を盛り上げることで肉本体を火から遠ざけ、流れ落ちるタレと一緒に鍋の縁で野菜を煮込むという合理的な食べ方を考えると、料理人が編み出した工夫のようにも思える。

ジンギスカン

実は、筆者は長きにわたってそのジンギスカン鍋に2つの悩みを抱いていた。ひとつは食べた後の始末である。ジンギスカンのタレは焦げやすく、鉄の鍋を使えば100%こびりつく。ダッチオーブンのようにシーズニングをしても結果は同じだ。

アルミ ジンギスカン鍋

そのため、アルミ製の使い捨て鍋が100円ほどで売っているのだが、それを使うととても美味そうには感じない。さらにその上にアルミホイルを敷こうものなら、いかにもビンボー臭くて仕方がないのだ(笑)。

白樺

もうひとつは鍋のサイズが大きくて、我々夫婦だけだと焼き過ぎてしまうこと。少しづつ焼けばいいと思うかもしれないが、スカスカの鍋をオヤジとカーチャンでつつく姿を想像してもらえば、それがオシャレ感ゼロであることがすぐに分かるはずだ。

ジンギスカン鍋

そんな中で、嬉しいことにその問題を一挙に解決できる品物が現れた。しかも通販のオーダーミスによってである(笑)。
さすがの筆者も、まさか世の中に「おひとりさま用」サイズのジンギスカン鍋があろうとは思わず、大きさをよく確認せずに「購入ボタン」を押してしまった。

最初は返品するつもりだったが、1000円もしない代物だけに面倒で、そのままクルマに積んで北海道まで持参することにした。そこで使ってダメなら、一人旅のおじさんにでもくれてやるつもりだったのだが…

ひとりジンギスカン

試しに使ってみると、意外や意外ちょうどいい!(笑)。小さいから食べる量だけ鍋に乗せて焦がすことなく食べられる。ちなみに我家では、普段はジンギスカンに肉とタマネギしか入れない。白樺と同じ食べ方が好きだ。

 

夏野菜ジンギスカン

ただしそれでは仲間や家族の時には使えないので、ちゃんと大きなサイズも持参している。

この鍋は道民愛用の具材がこぼれにくい深めのタイプ。このちょっとした違いが、テーブル周りの汚れを防いでくれる。写真は札幌に住む友人がごちそうしてくれた夏野菜ジンギスカン。略して「夏ジン」と呼ぶそうだが、キャンプフィールドではこういうメニューも悪くない。

実使用レポートのインデックスページへ。

車中泊のアイデア・インデックスページはこちら。

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

オートパッカー

ザ・キャンピングカーライフ

大人の車中泊

サブバッテリー